Cart

CULTURE プティマインが触れるカルチャー

5月の絵本

そこに絵本があるだけで
ワクワクドキドキめくるめく世界が広がる‥
絵本とは、こどもにとってかけがえのない
最高の相棒です。

 

このコーナーでは
年齢ごとにセレクトされた絵本を
毎月3冊ずつご紹介いたします。

 

さて、今月はどんな世界が広がるのかな?
絵本のドアを開けてみよう!

『なーんだ なんだ』(童心社)
さく: カズコ・G・ストーン
■ 乳児・幼児向け


くろいものが二つ。耳が出て、目が出て、鼻が出て。ページをめくるたびに、少しずつあらわれるパンダの顔。赤い背景に白と黒のシンプルな色遣いが目を引きつけ、期待感を抱かせます。

「なーんだ なんだ」優しいリズムの繰り返しで、親子でゆったりと幸せな時間を過ごせます。パンダに会いに行って「こんにちは」と言いたくなるような、愛らしい絵本。ボロボロになるまで読んだという声も多い、ロングセラーの1冊です。

購入はこちら
『ちょうちょうなんなん』(あかね書房)
作: 井上奈奈
■ 未就学児~向け


蝶々の羽ばたきが、世界を少しだけ震わせ、動かし始めます。くまが目を覚まし、カエルが川に飛び込み……。全ての出来事は繋がっていて、作用し合っている。そこには輝かしい生命の息吹が感じられます。

あまりにも美しく、可憐で、幻想的。絵本という枠を一歩飛び越えたような、それでいて「これこそ絵本の楽しみ」と言えるような、究極の1冊です。大人も子どもも、しばし夢の時間に浸ってください。井上奈奈さん最新作。

購入はこちら
『うさぎでうれしい うさぎはうさぎ』(講談社)
作: さこももみ
■ 未就学児~向け


「ぼうや、でておいで。おいしい くうきを すいましょう」初めて巣から出た子うさぎは、目に映るもの全てが新鮮です。ごちそうを食べ、ノネズミやモグラとご挨拶。お昼寝も気持ち良いです。でもそこにトンビの姿が見えて……。

愛情いっぱいのお母さん、周りの動物たちの温かな視線。子うさぎが幸せにすくすくと育つ姿が目に浮かびます。自分らしく、ありのままでいられることの大切さ。うさぎであることの喜びがいっぱいに伝わります。

購入はこちら

ひるねこBOOKS
絵本・児童書、猫の本、暮らしの本、アート本などを中心に、古書・新刊を扱っています。北欧の本と雑貨も豊富です。イベントや展示も随時開催中。
地下鉄千代田線・根津駅1番出口より徒歩約6分。
月曜定休

オフィシャルサイト
TwitterFacebookInstagram

TOP