Cart

CULTURE プティマインが触れるカルチャー

12月の絵本

そこに絵本があるだけで
ワクワクドキドキめくるめく世界が広がる‥
絵本とは、こどもにとってかけがえのない
最高の相棒です。

 

このコーナーでは
年齢ごとにセレクトされた絵本を
毎月3冊ずつご紹介いたします。

 

さて、今月はどんな世界が広がるのかな?
絵本のドアを開けてみよう!

『いないいないばあ』(童心社)
ぶん:松谷 みよ子
え:瀬川 康男
■ 乳幼児向け


いない いない ばあ にゃあにゃが ほらほら いない いない……。色々な動物たちと次々に「いないいないばあ」。シンプル展開の中に宝物が詰まった、あかちゃん絵本の王道です。

日本で初めてあかちゃんのために作られた絵本は、刊行から50年を経ても色褪せないどころか、今なお多くの子どもたちを笑顔にしています。日本で一番愛されている、珠玉のロングセラー。ご出産のプレゼントはもちろん、クリスマスの贈り物にもオススメです。

購入はこちら
『クリスマスツリーをかざろう』(BL出版)
文:パトリシア・トート
絵:ジャーヴィス
訳:なかがわ ちひろ
■ 年中~小学校低学年向け


クリスマスツリーを作るには?まずは木を選びましょう。どの木もとってもいいにおい。部屋の中に場所を空けたら、根元をちょっぴり削ります。飾りを探して、友だちに電話をかけて、さあいよいよみんなで飾り付けです。

灯りをつけると浮かび上がる、ツリーの美しい姿。クリスマスを迎える喜び、高揚感が伝わってきます。具体的な手順もわかりやすいので、思い切ってツリー作りにチャレンジしてみては?。素敵な聖夜をお過ごしください。

購入はこちら
『ゆきだるま』(評論社)
作:レイモンド・ブリッグズ
■ 年中~向け


外は一面の雪。少年は喜んで雪だるまを作ります。夜中に目を覚ますと、なんと静かに佇んでいた雪だるまが動き出しました。家の中でこっそり遊んだあと、雪だるまが少年を連れて空へと飛び上がります。翌朝、外へ出てみると……。

文章が無く絵のみで構成されたお話は、果てしない想像の旅へと連れ出してくれます。少年にとっても読者にとっても、まさに夢のような時間。冬が来ると必ず読みたくなる、奇跡の一夜の物語です。

購入はこちら

ひるねこBOOKS
絵本・児童書、猫の本、暮らしの本、アート本などを中心に、古書・新刊を扱っています。北欧の本と雑貨も豊富です。イベントや展示も随時開催中。
地下鉄千代田線・根津駅1番出口より徒歩約6分。
火曜定休

オフィシャルサイト
TwitterFacebookInstagram

TOP