Cart

CULTURE プティマインが触れるカルチャー

2月の絵本

そこに絵本があるだけで
ワクワクドキドキめくるめく世界が広がる‥
絵本とは、こどもにとってかけがえのない
最高の相棒です。

 

このコーナーでは
年齢ごとにセレクトされた絵本を
毎月3冊ずつご紹介いたします。

 

さて、今月はどんな世界が広がるのかな?
絵本のドアを開けてみよう!

『わにわにのおふろ』(福音館書店)
文:小風 さち
絵:山口 マオ
■ 乳児・幼児向け


ワニがお風呂に入る?想像しただけで笑えてしまいますが、なんとこの「わにわに」、おもちゃで遊んだり、シャワーをマイク代わりにして歌まで歌うのです!なんと陽気なワニでしょう。

「ずる ずり」「じょろろーん」「ぐにっ ぐなっ」など音も楽しい。そして、わにわにの幸せそうな表情と言ったら!少し不気味でちょっぴりスリリング。でもたまらなくキュート。まだまだ寒い季節、お風呂に入るのが嬉しくなっちゃうような絵本です。

購入はこちら
『どんなにきみがすきだかあててごらん』(評論社)
ぶん:サム・マクブラットニィ
え:アニタ・ジェラーム
■ 未就学児~向け


どれだけ相手のことを思っているか、言葉にして伝えるのは難しいですね。それは家族でも友達でも恋人でも同じこと。「私はこんなにあなたのことを好きなのに」なんて、ついつい思ってしまいがちです。時にはこのウサギたちのように、身体をいっぱいに使って表現するのも良いかもしれません。

伸びやかな仕草と表情、ゆったりとした語りが心を優しく包み込みます。愛が静かにしみこむような幸福感。バレンタインの贈り物にも。

購入はこちら
『わたしはあかねこ』(文溪堂)
作:サトシン
絵:西村敏雄
■ 未就学児~向け


兄弟たちの中で、一匹だけ違う毛の色で生まれた「あかねこ」。自分では気に入っているのに、家族には「可愛そう」と言われてしまいます。優しいみんなは好きだけど、わたしらしさをわかってもらえないのは悲しい。あかねこは家を飛び出します。

他の人と違っても全然おかしなことじゃない。自分らしさを守ること。自分を好きになる素晴らしさ。大切なメッセージが込められています。本を閉じたその後も、じっくりお楽しみください。

購入はこちら

ひるねこBOOKS
絵本・児童書、猫の本、暮らしの本、アート本などを中心に、古書・新刊を扱っています。北欧の本と雑貨も豊富です。イベントや展示も随時開催中。
地下鉄千代田線・根津駅1番出口より徒歩約6分。
月曜定休

オフィシャルサイト
TwitterFacebookInstagram

TOP