Cart

CULTURE プティマインが触れるカルチャー

12月の絵本

そこに絵本があるだけで
ワクワクドキドキめくるめく世界が広がる‥
絵本とは、こどもにとってかけがえのない
最高の相棒です。

 

このコーナーでは
年齢ごとにセレクトされた絵本を
毎月3冊ずつご紹介いたします。

 

さて、今月はどんな世界が広がるのかな?
絵本のドアを開けてみよう!

『きょうというひ』(BL出版)
作:荒井良二
■ 未就学児向け


「きょうというひの ちいさな いのりが きえないように」セーターや帽子、マフラーを編むこと。ロウソクに火を灯すこと。ささやかな営みは、深々とした景色に彩りを添え、特別な日の訪れを祝います。

これは決してクリスマスのためだけの絵本ではありません。私たちそれぞれがもつ「きょう」という日に目を向けて、その時をじっくりと噛み締めたい。静かな祈りは、心の中を小さく、でも明るく照らしてくれます。大切な人への贈り物にも。

購入はこちら
『クリスマス・イヴはおおさわぎ』(ワールドライブラリー)
作・絵:エリナ・ヴァルスタ
訳:いがらし じゅん
■ 小学校低学年~向け


いよいよ今夜はクリスマス・イブ。ところがサンタさんはくしゃみで子どもたちの手紙をバラバラにしてしまいます。プレゼントを作る機械は故障し、衣装はピンク色に、さらにサンタさんのひげが無くなって……。無事に聖夜を迎えることはできるのでしょうか?

サンタクロースといえば北欧・フィンランド。一年中でもっとも忙しいのはクリスマスです。静かなクリスマスもいいですが、こんな風にドタバタ騒ぎの舞台裏が見える絵本も楽しいですね。

購入はこちら
『雪の女王』(アノニマ・スタジオ)
作:ハンス・クリスチャン・アンデルセン
絵:サンナ・アンヌッカ
訳:小宮由
■ 小学校低学年~向け


「人魚姫」「マッチ売りの少女」などで世界的に知られるアンデルセン。この「雪の女王」も、そんな彼が生み出した作品の一つです。行方知れずの男の子を探す一人の少女の旅。勇気や愛情が詰まった、まさに不朽の名作です。

これまで様々な絵本が刊行されてきましたが、今回紹介するこちらの本はまた格別。あの「マリメッコ」のデザイナーが手がけるイラストはあまりに壮麗。これほどまでに美しい「雪の女王」があったでしょうか。宝物のような1冊です。

購入はこちら

ひるねこBOOKS
絵本・児童書、猫の本、暮らしの本、アート本などを中心に、古書・新刊を扱っています。北欧の本と雑貨も豊富です。イベントや展示も随時開催中。
地下鉄千代田線・根津駅1番出口より徒歩約6分。
月曜定休

オフィシャルサイト
TwitterFacebookInstagram

TOP