Cart

CULTURE プティマインが触れるカルチャー

子どもと使えるアロマクラフトで夏を快適に

連日猛暑日が続き、夏バテが心配なこの季節。家族みんなで使える良い香りのアロマクラフトを作ってみませんか?

 

外出時の虫よけスプレーや、お風呂で使えるバスボム、アロマソープの作り方をご紹介します。

虫よけスプレー

材料
・精製水:大さじ3
・グリセリン:小さじ1
・精油:10滴
(シトロネラ 5滴、ゼラニウム 3滴、ラベンダー 2滴)
・50mlのスプレーボトル
作り方
① グリセリンと精油をよく混ぜます。
② 精製水を加えます。
③ スプレーボトルに②を入れて、フタを閉め、よく振って混ぜます。

虫よけ作用のある精油を使って、家族みんなで使えるナチュラルな虫よけスプレーを作ってみませんか?
防虫効果の高い「シトロネラ」をベースに、スキンケアやリラックスにオススメのラベンダー、ゼラニウムを加えたブレンドのアロマスプレーです。

アロマの香りで虫よけするので、匂いが薄くなったらスプレーしてください。さわやかな香りでリフレッシュもできますよ。

防腐剤などが入っていないので、2〜3週間で使い切るようにしましょう。3歳以下のお子さまには、皮膚でなく洋服にスプレーしてあげてくださいね。敏感肌の方は最初に目立たない場所でパッチテストをして使用してください。

アロマバスボム

材料(5〜6個分)
A
  ・重曹:250g
  ・クエン酸:125g
  ・天然塩:125g
  ・コーンスターチ:25g
  ・アーモンドオイル or はちみつ:小さじ2

・精油:バスボム1個につき2〜3滴

お好みで
・食用天然色素(少量の水で溶く):少々
・ハーブ、岩塩:少々

作り方
① ボールに材料Aを入れてよく混ぜます。
② 型ごとに小分けします。型はアルミなど固いものの方が外しやすいです。
③ 水で溶いた天然色素と精油を、小分けした②に加え、ざっくり混ぜます。
④ 握って少し固まるくらいまで混ぜます。様子を見て水分が足りないようなら水をスプレーします。
⑤ ハーブを型に入れ、そのあと④を入れ、押し込んで固めます。15分ほどしてある程度固まったら型を外し乾燥させます。


暑い夏はシャワーだけで入浴をすませてしまいがちですが、できれば湯船に浸かって体の芯から温まり、しっかり汗をかきましょう。

シュワシュワ感が楽しいバスボムも簡単に手作りできます。型に入れるときに、お風呂で遊べる子供のおもちゃなどを入れておくと、可愛いサプライズになりますよ。

バスボムの香りを楽しむためにも、作った後はなるべく早めに使ってください。休日にお子さんと一緒に手作りして、バスタイムを楽しんでみてくださいね!

アロマソープ

材料(作りやすい分量)
・せっけん素地:150g
(植物性の無添加せっけんをおろし金で削ってもOK)
・お湯 or ハーブティー:大さじ2
・はちみつ:小さじ1/2
・精油:10〜15滴

お好みで
・ハーブ、竹炭、クレイ、色素など

作り方
① ジップロックにせっけん素地を入れ、ハーブティーを2回に分けて入れます。せっけんを潰すようによく混ぜます。
水を入れすぎると泡立ってしまうので注意してください。
② 精油とはちみつを入れ、さらによくこねます。
③ 作りたい型ごとに分け、それぞれ色をつけたりハーブを加えます。
④ 型にラップを敷き、せっけんを詰めます。シリコン型は綺麗に型から抜きやすいです。
⑤ せっけんを型から出し、2日ほど乾かして出来上がりです。


お子さんと一緒に作っていただきたい手ごねのアロマソープ。お好きな香りの精油やハーブを入れてアレンジを楽しめます。
おすすめの精油は、小さなお子さんでも比較的安心して使用できるラベンダー、レモングラス、パルマローザ、カモミール、マンダリンなどです。

ソープに色をつけたいときは、ピンククレイ、グリーンクレイ、消臭効果のある竹炭などを加えても良いですよ。


edit & text : Mami Miyazaki





Selector Profile

アロマセラピーサロン「Fleur」
英国IFA国際アロマセラピストで、ニールズヤードレメディーズのスクール講師も務めるセラピスト直井真由美さんのサロン。メニュー全てにアロマセラピーを取り入れ、オールハンドの贅沢なトリートメントを提供しています。
住所〒135-0045 東京都江東区古石場2-8-5 Plantscafe
TEL:050-5585-7919
営業時間:月曜 10:00〜20:00 / 火曜 10:00〜17:00
女性専用・完全予約制

オフィシャルサイト
Instagram

TOP