Cart

MAMA & PAPA
DIARIES
ママ&パパダイアリーズ

世の中にはいろんなママやパパがいます。料理が得意なママ、都会でバリバリ働くママ、お子さんがたくさんいるママ...
環境が違ってもみんな同じママ。そんないろんなママたちの日常をちょっぴり覗き見してみませんか?クスッと笑えたり、
何かヒントになるコトがあるかも?!

星野奈々子

星野奈々子さん 料理家

ITエンジニアとして働きながら料理の勉強を始め、退社後にフードコーディネーターとして独立。現在は書籍、雑誌、企業のレシピ開発を中心に活動。「はじめての台湾料理」(PARCO出版)など著書多数。8歳の息子を持つママ。

MORE
お菓子作り[Recipe:なめらかプリン]

こんにちは。料理家の星野奈々子です。

長くおうちにいる時間が続くので、食べ盛りの息子にはご飯の間にお腹が空いた!と言われてしまいます。

市販のおやつなどのストックがないときでも、シンプルなプリンだと家にある材料で簡単にできるのでおすすめです!

材料は卵、牛乳、砂糖のみで卵は全卵を使うことを条件にして、できるだけ簡単で作りやすいレシピにしました。

息子は何度か食べた市販のプリンがあまり好みではなかったらしく、最初作った時はプリンというだけでいらない〜と言われたのですが、ひと口だけでいいから食べてみて!と食べさせたら今ではすっかりプリン好きになりました。

色々と気をつけるポイントはありますが、冷蔵庫にある材料で混ぜて焼くだけで簡単にできます。作ってから冷やす必要があるのでできれば食べる前日に作るのがおすすめです。カラメルソースは熱くなるので大人がやったほうが良いですが、プリンの生地を混ぜるところなどは簡単なのでぜひお子さんと一緒にやってみてください!

材料(15cm丸型1個分)
卵 3個
グラニュー糖 70g
牛乳 300ml ・
[カラメルソース]
グラニュー糖 50g
水 大さじ1
水 大さじ1

作り方
1. [カラメルソース]
鍋にグラニュー糖と水大さじ1を加えてなじませ、中火にかける。グツグツと泡立ち、茶色くなったら火から下ろし、水大さじ1を加え、すぐに型に流し入れる。型の粗熱が取れたら冷蔵庫で冷たくなるまで冷やす。(1時間程度)

2. ボウルに卵を割り入れ、グラニュー糖を加えて泡立て器でよく混ぜる。牛乳は600Wの電子レンジで3分加熱し、ボウルに加えて混ぜ合わせる。

3. 1.の型に2.を茶漉しを通して流し入れ、アルミホイルをかける。バットにお湯(熱湯200ml+水200ml程度)を入れて型を入れて天板にのせ、160℃に温めたオーブンで30分焼く。(湯煎で焼く)

4. バットから取り出して常温で粗熱が取れるまで冷まし、冷蔵庫で冷やす。(最低3時間程度。一晩が理想)

5. 型の内側にナイフで一周切り込みを入れ、器にひっくり返す。

カラメルソースを作る鍋は熱に強いものがおすすめです。テフロン加工のものなどは高温になって加工に傷がつくかもしれないので避けてください。私はビタクラフトのステンレスの小鍋を使用しています。
カラメルソースはヘラなどで混ぜずに鍋を回す程度であまり触らないようにしてください。2回目の水を入れる時はかなり熱くなっているのでやけどしないように注意してください。

型は貝印のテフロン加工の15.5cmホールケーキ型を使用しています。底が取れるタイプもあり、スポンジケーキを焼く時などは便利なのですが、プリンを作るときは底が取れないタイプにしてください。

卵は重さに個体差があり、お菓子のレシピだと1個正味50gと指定している場合も多いですが、最近の市販の卵はそれより重い55g〜60g程度が多いと感じています。今回のレシピは多少の誤差は許容範囲なので、あまり気にせず3個使ってOKです。卵の「カラザ」は最後に漉すときに取れるので、割った時には取り除かなくても大丈夫です。

砂糖はカラメルソースはグラニュー糖を使うことをおすすめします。プリンは上白糖でもOKです。

牛乳は60度程度になるようにレンジで温めています。300mlですが熱くなると溢れるので倍量くらい入る耐熱容器に入れるのがおすすめです。牛乳でレンジを使った後にオーブンの予熱を始めると段取り良く進められます。牛乳200ml,生クリーム100mlにすると濃厚でよりなめらかになります。

ARCHIVE

MORE ARCHIVE
TOP