Cart

MAMA & PAPA
DIARIES
いろんなママたちの子育て日記

世の中にはいろんなママやパパがいます。料理が得意なママ、都会でバリバリ働くママ、お子さんがたくさんいるママ...
環境が違ってもみんな同じママ。そんないろんなママたちの日常をちょっぴり覗き見してみませんか?クスッと笑えたり、
何かヒントになるコトがあるかも?!

星野奈々子

星野奈々子さん 料理家

ITエンジニアとして働きながら料理の勉強を始め、退社後にフードコーディネーターとして独立。現在は書籍、雑誌、企業のレシピ開発を中心に活動。「はじめての台湾料理」(PARCO出版)など著書多数。8歳の息子を持つママ。

MORE
撮影のおやつ

こんにちは。

料理家の星野奈々子です。

現在、新しいレシピ本の撮影をしています。

撮影までは試作に追われて大変なのですが、いざ撮影が始まると私の料理をスタイリストさんとカメラマンさんが美しく仕上げてくれるので達成感と充実感でひたすら楽しいのです。

撮影前にスタイリストさんの用意してくれる器が並んでいる姿を見るのがとても好きです。

今回も本当に素敵な器ばかり。

そして、撮影の合間に食べるおやつも楽しみのひとつ。

こちらは吉祥寺にある有名な「小ざさ」の最中。

初めていただきましたが、もなかがサクサクで何よりあんこが美味しい!

いつも行列しているそうです。

カメラマンさんが、たまたま前日に吉祥寺に行ったから、とのことで買ってきてくれました。

なかなか自分では買いに行けないので嬉しいです。

 

こちらはオンラインで大人気のMr.CHEESECAKE

今回のスタイリストさんがこちらのお店のスタイリングも担当されていて、お土産に持ってきてくれました。

トンガ豆を使用しているという独特なチーズケーキ。

噂通りとろけるような口あたりでとても美味しかったです!

 

こちらは、近所にあるNYピッツァのお店のピッツァ。

ここのピッツァがとても好きで休日の昼間によく食べているのですが、平日は夜しかやっていなかったのでなかなか撮影隊の皆様には食べていただく機会がなく。。

ですが、コロナ後に平日昼も始めたそうで、今回初めてお昼のまかないに。

直径40cmくらいはありそうなサイズなのですが、生地が薄いのでたくさん食べられます。

皆様にも好評で良かったです!

おやつに加えて、もちろん撮影したお料理もいただくので、撮影が終わる頃にはいつもお腹いっぱいです。

読者の方にも美味しさを届けられるように、残りの撮影も頑張りたいと思います。。!

***************************

今回のレシピは、ごぼうを使った洋風の炒め煮、「ごぼうのバルサミコ煮」をご紹介したいと思います。

ごぼうはきんぴらごぼうに代表されるように、和風の味付けをすることが多いと思います。

もう10年以上前になりますが、料理学校に通っていた時に、同じクラスの生徒さんが「ごぼうを赤ワインで煮ると美味しいよ」と教えてくれ、それからごぼうを洋風の煮込み料理にも合わせるようになりました。

今回は、ごぼうを斜め薄切りにしてオリーブ油で炒め、バルサミコ酢、赤ワイン、しょうゆを大さじ1ずつ加えてさっと炒め煮にします。

とても簡単ですが、いつものきんぴらや煮物とは一味違ってワインのおつまみにもおすすめです。彩りが寂しいので、あればピンクペッパーをふると味のアクセントにもなります。

良かったら作ってみてください!

 

材料(2人分)

ごぼう 200g(1.5本分程度)

A バルサミコ酢 大さじ1

A 赤ワイン 大さじ1

A しょうゆ 大さじ1

オリーブ油 大さじ1

作り方

1. ごぼうは皮をむいて(またはたわしで洗い)斜め薄切りにし、水にさらして水をきる。

2. 鍋にオリーブ油を熱し、1.を入れて中火で炒める。全体に油が回ったらAを加えてふたをして3分ほど蒸し煮にする。

3. ふたを開けて水分がなくなるまで炒める。

 

※ごぼうは長時間水につける必要はなく、さっと水にさらして2回ほど水を変えればOKです。

 

ARCHIVE

MORE ARCHIVE
TOP