Cart

MAMA & PAPA
DIARIES
いろんなママたちの子育て日記

世の中にはいろんなママやパパがいます。料理が得意なママ、都会でバリバリ働くママ、お子さんがたくさんいるママ...
環境が違ってもみんな同じママ。そんないろんなママたちの日常をちょっぴり覗き見してみませんか?クスッと笑えたり、
何かヒントになるコトがあるかも?!

甘木サカヱ

甘木サカヱさん ライター

一男一女の母である主婦ライター。自宅に1000冊以上の絵本蔵書を持つ絵本マニア。Twitterアカウント「よく眠りたまに色々考える主婦 甘木サカヱ」としてフォロワー約96000人。義理の両親との同居生活や育児、絵本についてなど軽妙なツイート、エッセイ等が人気。著書に「アラフォーになってようやく気づいたんだけど、私、たぶん向いてない。生きることに……」(KADOKAWA)など。

MORE
風も爽やか、初夏のおすすめ絵本

こんにちは!初夏の爽やかな風が吹く季節となりました。

GWも終わり、新たな気持ちでお仕事や保育園、幼稚園、学校が始まるころですね。

今月も親子で思いっきり楽しめる絵本を3冊ご紹介します。

 

0~2歳児さんにおすすめ

お鍋から、大好きなお料理ができるまで。ぜーんぶ見えちゃうしかけ絵本

「おなべさん」作・きのしたけい 絵・moko

 

「おなべさんおなべさん なにつくる?」リズミカルな問いかけとともに描かれるのは、両手鍋、天ぷら鍋、すきやき鍋…台所でおなじみのお鍋たち。

仕掛け部分をめくると、麺と卵がちゃぽん!と飛び込んだり、カレールーがバラバラと投げ込まれたり…

出てくるのはどれも、子どもたちが大好きなお料理ばかり。おなべの中で、お料理ってこうやって作られているんだ!と発見の連続です。

子供が大好きな繰り返しの言葉のリズムで、作って食べるまでがひとつなぎに描かれる心地よさ。

おままごと遊びが大好きなお子さんにはもちろん、食べるのが大好き!という子にも、そして、うちの子は食が細くて…もっと食べ物に興味を持ってくれたら…という親御さんにも。

作るのって楽しい!食べるのはもっと楽しい!そんなふうに親子で実感できる絵本です。

 

 

3~5歳児さんにおすすめ

みんなで食べるとおいしいね!おちゃわん一家のたのしい絵本

「おちゃわんかぞく」文・林 木林 絵・いぬんこ

 

こちらも楽しい食べ物絵本…というよりはむしろ、食器絵本。おとうちゃわんにおかあちゃわん、おにいちゃわんにおちびちゃわん。おちゃわん一家のお話です。

この絵本の楽しさは、なんといってもうたうように弾む、ゆかいな言葉のリズム。

声に出して読み上げるとまるで舌の上で踊るような言葉たち。おちゃわん一家に盛られた山盛りご飯のおいしそうなこと!

お味噌汁に梅干し、ふりかけ、納豆…ご飯のおいしさを引き立てる名脇役たちもたくさん登場します。

読み終わったらお腹がぐうっと鳴って、白いご飯が山盛り食べたい!となること間違いなしです。

 

6歳~さんにおすすめ

サスティナブルってこういうこと?小さなすてきな「もの」たちのお話

「レミーさんのひきだし」 作・斎藤倫・うきまる 絵・くらはしれい

レミーさんは独り暮らしのおばあさん。レミーさんの大切にしているタンスの一番下のひきだしには、クッキーの空き缶やキャンディの瓶、きれいなリボン…役目を終えても捨てられない、きれいですてきなもの達が、再び陽の目を見る時を待っています。

そんなひきだしにある日、茶色いちいさな箱が仲間入りします。仲間たちは次々に新しい役目を与えられ、レミーさんの手でひきだしから旅立っていきます。でも茶色い小箱の出番はなかなか来なくって…

物を捨てるのは簡単です。とくに最近はミニマリズムの流行もあり、思い切って捨てることが美徳と思われがち。でも、心躍るきれいなものたちを大切にとっておいて、再利用するのも素敵なことですよね。これこそエコ、これこそサスティナブル…!

出番のなかなかやってこない小箱、最後にはとっても素敵な方法でみごとに蘇ります。
落ち着いた語り口の物語に添えられた、くらはしれいさんのイラストが、お洒落でそして暖かく、ページをめくるたび、ほれぼれしてしまいます。

子どもの頃、きれいなお菓子の空き箱なんかを宝箱にして、大好きなもの達を集めていた気持ちを鮮やかに思い出させてくれる絵本です。

 

常時マスク着用でどこか息苦しい毎日ですが、梅雨入りまでのつかの間の爽やかな空気を、たまには胸いっぱい吸い込んでみませんか?

また来月のおすすめ絵本も、どうぞお楽しみに。

TOP