Cart

MAMA & PAPA
DIARIES
いろんなママたちの子育て日記

世の中にはいろんなママやパパがいます。料理が得意なママ、都会でバリバリ働くママ、お子さんがたくさんいるママ...
環境が違ってもみんな同じママ。そんないろんなママたちの日常をちょっぴり覗き見してみませんか?クスッと笑えたり、
何かヒントになるコトがあるかも?!

甘木サカヱ

甘木サカヱさん ライター

一男一女の母である主婦ライター。自宅に1000冊以上の絵本蔵書を持つ絵本マニア。Twitterアカウント「よく眠りたまに色々考える主婦 甘木サカヱ」としてフォロワー約96000人。義理の両親との同居生活や育児、絵本についてなど軽妙なツイート、エッセイ等が人気。著書に「アラフォーになってようやく気づいたんだけど、私、たぶん向いてない。生きることに……」(KADOKAWA)など。

MORE
心も弾む♪言葉のリズム絵本

桜の便りもあちこちから聞こえてくる季節になりました。
暖かいのはいいけれど、花粉症でなかなか外出もままならない…という方も多いのでは。
おうちの中で、お子さんと一緒に読むと、心まで弾むようなたのしいリズム絵本を選んでみました!

0〜2歳児さんにおすすめ

世界をみんなしましまに!原色カラフルしましま絵本!

「しましましましょ」
北村 人

赤、青、黄色…小さなお子さんが大好きなハッキリとした色合いで、画面いっぱいに描かれる「しましま」の世界。
「しましましましょ しましましましょ」そんなリズミカルな掛け声で、猫も、魚も、森も、乗り物も、みんなしましま!
絵本作家でイラストレーター、挿絵画家としても活躍される北村 人(きたむらじん)さんの描く風景は、線の一本一本に表情がありとっても素敵。どのキャラクターたちも、どこかとぼけた優しい表情です。
しましまの色と線の洪水に、思う存分浸ってください!

 

3〜5歳児さんにおすすめ

どんどんだんだん進むんだ。世界一かっこいいヒキガエル絵本!

「ヒキガエルがいく」
パク ジョンチェ作  甲 明宏/広松 由希子訳

小さなアマガエルは可愛いけど、どっしり・イボイボしたヒキガエルはちょっと…
そんなふうに思う方もいるかもしれません。
けれどこの絵本、そんな、ちょっと怖い?ヒキガエルたちを、生き生きと、堂々と、そしてとても格好良く描いた傑作なのです。

トトトン トトトン…軽やかな音で歩み始めたカエルたち。どんどん数を増やしてドドン、ダダン、力強い太鼓のようなリズムを刻みながら進みます。
目指す先で開かれるのは、ヒキガエルたちの生命の祭典。
圧倒的なイラストレーションとデザイン、そして思わず口ずさみたくなるリズム。
読み終えた頃には、きっと今までよりもヒキガエルが格好良く見えているに違いありません。

6歳〜におすすめ

ダジャレ?いえいえ言葉遊びです!日本語がもっとずっと楽しくなる絵本

「わにが わになる」
多田ヒロシ

わにがわになる、はちがはちあわせ…なんだ、くだらないダジャレじゃないか、なんて甘くみてはいけません。
そこは1977年から40年以上売れ続けているロングセラーのこの絵本、一味違います。
小学校入学前後のお子さんにはちょっと難しい、聞きなれない…そんな単語を絶妙に織り交ぜながら、ユーモラスな挿絵とじっくり見比べることで、
「そうだったのか!」「そういう意味か!」と幾つも発見をさせてくれる、心憎い言葉遊び絵本なのです。
ダジャレの音の重なり、韻の踏み方、リズムなど、口に出してみることで、より一層楽しさが広がります。
ぜひ、お子さんと一緒にダジャレの奥深さに酔いしれてみてください。

 

例年、暖かくなってきたと思ったら、初夏の陽気まではあっという間ですね。
新生活の始まりを迎える方も多いかと思います。どうかあまり気負いすぎず、お家では絵本でほっと一息つけますように…!

 

 

TOP