Cart

MAMA & PAPA
DIARIES
いろんなママたちの子育て日記

世の中にはいろんなママやパパがいます。料理が得意なママ、都会でバリバリ働くママ、お子さんがたくさんいるママ...
環境が違ってもみんな同じママ。そんないろんなママたちの日常をちょっぴり覗き見してみませんか?クスッと笑えたり、
何かヒントになるコトがあるかも?!

甘木サカヱ

甘木サカヱさん ライター

一男一女の母である主婦ライター。自宅に1000冊以上の絵本蔵書を持つ絵本マニア。Twitterアカウント「よく眠りたまに色々考える主婦 甘木サカヱ」としてフォロワー約96000人。義理の両親との同居生活や育児、絵本についてなど軽妙なツイート、エッセイ等が人気。著書に「アラフォーになってようやく気づいたんだけど、私、たぶん向いてない。生きることに……」(KADOKAWA)など。

MORE
小さな小さな絵本たち

季節外れの暑さもようやく過ぎ去り、秋本番の訪れを感じる日々となりました。

街路樹も色づき始め、お散歩が楽しくなる季節、ポケットにも入るような小さなちいさなおすすめ絵本たちを、
年齢別に3冊選んでみました!

 

0〜2歳児さんにおすすめ

やさしい象のババールの4つのおはなし

ババールのミニえほん

ロラン・ド・ブリュノフ せなあいこ やく

※画像の比較用うさぎちゃんは身長約13cmです。

子どものポケットにも入りそうなほど小さな絵本が4冊セット。
絵本でお馴染み、ぞうのババールと仲間の動物たちが、火、土、空気、水にまつわる日常のエピソードを
ほのぼのと描き出す絵本です。
まだお話がわからない小さなお子さんも、愛嬌のある動物たちの姿を眺めるだけできっとご機嫌。

本棚に飾っておくのはもちろんのこと、お出かけ用にカバンの片隅にいつも忍ばせておきたい、素敵な絵本セットです。

 

3〜5歳児さんにおすすめ

やさしいなぞなぞ、解けるかな?

なぞなぞえほん 1のまき〜3のまき

中川季枝子 さく 山脇百合子 え

まだ本格的な「なぞなぞ」は難しい幼児さんも、この絵本なら大丈夫。
みんな大好き「ぐりとぐら」の二匹をはじめ、絵本にも登場するたくさんの動物たちが、
なぞなぞのヒントを出してくれます。
「ひらくと おはなしがはじまって とじると おはなしがおわり」なーんだ?
(絵本を読む犬の挿絵を添えて)

こんなふうに、易しいなぞなぞと暖かい挿絵がたくさん。

「わかった!」の喜びを積み重ねることで、子どもはぐんぐん成長していくものですね。

お出かけ先でのちょっとした時間つぶしにもピッタリの、楽しい、優しい絵本です。

 

6歳〜におすすめ

読んでるだけで目がとろーん?ねむたいねむたい家族のお話

ねむたいひとたち

M.B.ゴフスタイン 谷川俊太郎 訳

 

この本の、眠たさを誘う佇まいといったら…表紙の「ねむたがりかぞく」の表情から、心地よい手触りのカバー、手の上に乗るほどのサイズ、そしてカバーを外せば夜の闇のようなインクブルー。

ストーリー、というほどのものはありません。ただゆったりと、のんびりと、ねむたがりかぞくのねむくなる様子を眺めているだけ。

それがなんともいえず、心安らぐのです。

お子さんのおやすみ絵本はもちろんですが、最近ちょっと眠りが浅いな、と思っている大人にもおすすめの一冊です。

枕の横に置いておいても邪魔にならない小さな絵本をお供に、ぐっすり眠りの旅へ、さあどうぞ。

 

秋の深まりとともに、少し物悲しい気持ちにもなる季節。
暖かい飲み物と一緒に、心安らぐ絵本を一冊いかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

TOP