Cart

MAMA & PAPA
DIARIES
いろんなママたちの子育て日記

世の中にはいろんなママやパパがいます。料理が得意なママ、都会でバリバリ働くママ、お子さんがたくさんいるママ...
環境が違ってもみんな同じママ。そんないろんなママたちの日常をちょっぴり覗き見してみませんか?クスッと笑えたり、
何かヒントになるコトがあるかも?!

甘木サカヱ

甘木サカヱさん ライター

一男一女の母である主婦ライター。自宅に1000冊以上の絵本蔵書を持つ絵本マニア。Twitterアカウント「よく眠りたまに色々考える主婦 甘木サカヱ」としてフォロワー約96000人。義理の両親との同居生活や育児、絵本についてなど軽妙なツイート、エッセイ等が人気。著書に「アラフォーになってようやく気づいたんだけど、私、たぶん向いてない。生きることに……」(KADOKAWA)など。

MORE
うさぎの絵本

あっという間に旧い年は過ぎ去り、新年がやってきますね。

2023年の干支、うさぎにちなんだ絵本を年齢別に3冊ご紹介します!

 

0〜2歳さんにおすすめ

仲良し二匹のほのぼのロングセラー絵本

「ぶうとぴょんのえほん なにしてる なにしてる」

多田ヒロシ

こぶたの「ぶう」とこうさぎの「ぴょん」、仲良しの二匹が、
「ぴょんちゃん/ぶうちゃん なにしてる」の問いかけに、いろんな遊びを楽しんでいる様子が描かれます。
絵本を読んだり、どろんこ遊びをしたり、ちょっと変わった遊びも…

ほのぼの、のびのびとした平和な世界。発売から数十年、このシンプルなシリーズが愛され続けているのは、
まるで保護者の腕に抱っこされているような安らぎを子供達に与えてくれるからでしょう。

いつまでも本棚にいてくれて、大人になったら自分の子供にも手渡してあげたい…
そんな絵本があるって素敵なことですね。

 

3〜5歳児さんにおすすめ

ダンディな気のいいうさぎさんにときめく!

「うさぎさん てつだってほしいの」

シャーロット・ゾロトウ ぶん モーリス・センダック え こだまともこ やく

お母さんの誕生日プレゼントを探しに森へやってきた女の子。
うさぎさんに相談に乗ってもらいますが、なかなかプレゼントは決まらなくって…?

この絵本に出てくるうさぎさん、等身高めのスタイルといい知的な横顔といい、なんだかとてもダンディ。
ちょっとキザったらしいくらいの物言いも大人っぽくってドキドキしてしまいます。
それに対する女の子は、ちょっと生意気で強気だけれど、お母さん思いのすてきな子。
子供と大人ではなく、友達同士でもない…微妙な距離感の二人の会話がとても印象的な一冊です。

 

6歳〜におすすめ

間違えたっていいんだよ。やさしい仏教物語

「ウサギのおおまちがい」

はやしますみ 文・絵

一匹のうさぎが、あるとき考えた。「もし このじめんが くずれてこわれたら どこににげたらいいんだろう?」
そんなとき、大きな音が響き渡ってうさぎはびっくり仰天。世界がくずれてしまうと思い込んだうさぎは、逃げながらみんなにそれを伝えます。噂話はどんどん大きくなっていって…?

仏教のお話「ジャータカ物語」を基にしたオリジナルストーリーのこの絵本は、
人の口から口へと噂話が伝わり、それに振り回されてしまうことの恐ろしさに合わせて、
間違えてしまっても大丈夫、という優しい寄り添いがあることがとっても素敵なポイントです。

作者はやしますみさんの伸びやか、かつ大胆なタッチで描かれる動物たちは、みんな生き生きとしています。

何かミスをしてしまったとき、後悔に押しつぶされそうな時にも、そっとそばにあると嬉しい一冊です。

 

新年が始まると、つい気負って色々と頑張ってしまいがち。
絵本を開くひとときは、自分への休息時間にぴったりです。

どうか無理しすぎずに、2023年も皆さんにとって素敵な年になりますように。

 

TOP