Cart

MAMA & PAPA
DIARIES
いろんなママたちの子育て日記

世の中にはいろんなママやパパがいます。料理が得意なママ、都会でバリバリ働くママ、お子さんがたくさんいるママ...
環境が違ってもみんな同じママ。そんないろんなママたちの日常をちょっぴり覗き見してみませんか?クスッと笑えたり、
何かヒントになるコトがあるかも?!

Shiho

Shihoさん 海外在住ママ

3年前主人の仕事の関係で、妊娠5ヶ月の中、1歳10ヶ月の長女を連れて渡仏。フランス語は0からスタート。海外での出産を経験し、現在5歳と2歳の姉妹ママ。パリの楽しみ方や海外子育ての様子をお届けできたらと思います。

MORE
chasses aux œufs エッグハント

Bonjour!

4/17はPâques イースターでした。イースターは必ず日曜なので、次の日の月曜日も必ず振替休日でお休みになるので、3連休でした。

連休前に次女が学校で作ってきたアイテムが、とっても可愛いかったです。

子供達は先生から、チョコレートのプレゼントをもらいました。

この時期はヴァレンタイン以上に、街中がチョコレートで溢れかえります。卵の形をしたものや、イースター用のチョコレートが売られ、お店を覗くと、子供たちはよく卵のチョコレートをプレゼントしてもらえます。

Pâquesといえば、子供たちが楽しみにしているのが、chasses aux œufs エッグハントです。

日曜日、今回はモンマルトルにある、Musée de Montmartre モンマルトル博物館で、chasses aux œufsのイベントを予約して、行って来ました。

大人14€、子供は無料

年齢ごとに、探す卵の色が違います。

次女は2-4歳のブルーの卵を、5つ探します。

長女は5-7歳のピンクの卵を、5つ探します。

他に、3つだけ黄色の卵が隠されていて、それを見つけたらサプライズがあるそうです。

早速次女は見つけましたよ!

ブルーの卵は、小さい子でも見つけられるように、数も多く、簡単に見つけられる場所に隠されています。

ほら、またあったよ〜!

un deux  trois  quatre!

幼稚園で数字の勉強をしているので、数はフランス語の方が得意です。

長女も見つかったようです。

5つ見つかったところで、黄色の卵を再度探します。

主人が夢中になって探していましたが、見当たらず、笑

それぞれチョコレートに交換してもらって、ご満悦の様子です♡

ランチ前なのに、どうしても食べたいと一つだけ。

幸せそうに頬張っていました。

さあ、大人は入場料も払っていますから、美術館も観ないと勿体無いですね。

Charles Camoin 1879年−1965年 シャルル・カモワンのexposition が開催中でした。

1879年フランス・マルセイユ生まれのフランスの表現主義的な風景画家だそうです。

パリに来たことがあるなら、一度は目にしたことがある、そんな景色が垣間見れる世界観でした。

娘たちと主人は、常設展も初めてです。

中でも、シュザンヌ・ヴァラドンSuzanne Valadonのアトリエは必見です。大きな窓から青い空、青々とした緑が見え、窓から見える景色さえ絵画のようです。

多くのアーティストが移り住むのは納得の、素敵な建物にある美術館でした。

そして、月曜日。

昨年と同様に、長女の学校の大親友と一緒に卵にペイントをして、クラスメイトを呼んで、chasses aux œufsをすることにしました。

前回少なかったからと大量にしたのはいいけれど、わたしもお友達のママもすっかり失念。

色を染めるのに、白い卵じゃなかったので、恐竜の卵のような色合いのものが出来上がりました。

子供たちが口々にC’est  pas bien!よくないって言っていて、それもまた良き思い出。笑

同じ近所の公園で、ママたちが手分けして買って来たチョコレートや、染めた卵を隠したのを子供たちが探します。

Et voilà!こんなに見つけました。

次女は色つけた卵はひとつも取らずに、見事にチョコレートをたくさん取っています。

最後はみんなで、jouer à chat 鬼ごっこのようなもの(タッチされるとchat猫になる=鬼になるようなものです)、やCache-cacheかくれんぼなど、国は違えど私が幼い頃にお友達と遊んだ遊びで、日が暮れるまで遊び倒しました。

また来年♡

ARCHIVE

MORE ARCHIVE
TOP