Cart

MAMA & PAPA
DIARIES
いろんなママたちの子育て日記

世の中にはいろんなママやパパがいます。料理が得意なママ、都会でバリバリ働くママ、お子さんがたくさんいるママ...
環境が違ってもみんな同じママ。そんないろんなママたちの日常をちょっぴり覗き見してみませんか?クスッと笑えたり、
何かヒントになるコトがあるかも?!

Shiho

Shihoさん 海外在住ママ

3年前主人の仕事の関係で、妊娠5ヶ月の中、1歳10ヶ月の長女を連れて渡仏。フランス語は0からスタート。海外での出産を経験し、現在5歳と2歳の姉妹ママ。パリの楽しみ方や海外子育ての様子をお届けできたらと思います。

MORE
La Galerie Dior

Bonjour!

今日は今月パリに新しくできた、女子なら誰もがうっとり憧れる、夢のような美術館に行ってきましたので、ご紹介したいと思います。

Montaigne モンテーニュ通りのDiorブティックのリニューアルOpenと同時に、新しくOpenしたのが、メゾンの歴史を回顧する展示スペース La Galerie Dior ラ・ギャラリー・ディオール 美術館です。(大人12€、10歳以下の子供は無料です。)

 

一歩踏み入れた瞬間から、今まで見たこともないような光景が…♡

3階まで続く螺旋階段の周りを埋め尽くすガラスのケースの中には、色ごとに配列されたディオールのbag、革小物やハットにミニドレスと、ファッションアイテムで埋め尽くされたショーウィンドウがなんとも圧巻です。まるで映画のセットに出てくるような雰囲気です。

そして、3階まで上がると、ディオールの歴史の始まりです。

1947年春夏コレクションでクリスチャン・ディオールが独立後初めてのコレクションとして発表した新しいシルエット「ニュールック」は世界的なセンセーションを巻き起こしたことでも有名ですね。

ディオールの家系図から幼少期の様子

当時の雑誌からして、やっぱりパリっておしゃれですね。

このフロアは[1905-1957 Christian Dior]の生涯が切りとられたかのような、当時の紙面や、写真、彼の生み出したスタイル、彼の生涯の歴史が垣間見れます。

続いては「Les Jardins enchantés」というテーマのフロアです。

まるで暗い不思議の森の中で、ドレスたちが輝いているような、Diorを手掛けてきたそれぞれのデザイナーのドレスが並びます。

ドレスも装飾も、とても芸術的で華やかです。

[L’allure Dior]

Diorの魅力、それはDiorから引き継がれた後継者の数々。Yves Saint Laurent、Marc Bohan、Gianfranco Ferré 、John Galliano 、Raf  Simons、Maria Graziaと歴代のデザイナーの作品と共に、後ろのスクリーンにはそれぞれのコレクションショーが映像で映し出されます。

[30,Avenue Montaigne]




昔のまま残っている、ロートアイアンの螺旋階段。

ここは昔から撮影スポットだったようです。

Monsieur Diorが使用されていたデスクや

[Au Cœur de la Création]


床下を除くと、数々の名作が生まれたアトリエが再現されていました。

[Le Roman des Robes]

[Les Affinités Artistiques ]



洋服もアート、芸術と親和性があるということを表現したフロアです。

[Les Ateliers du Rêve]

夢のワークショップと題したこちらのフロアは、一歩踏み入れた瞬間から真っ白の世界!

2人のクチュリエの方が、どのように作業していくのかを説明してくれます。

細かい手作業で生み出されていく作品は、まさに芸術的でした。

立体的になるとこちら!

[Paris]

パリの街並みがライティングで表現され、そこにあるさまざまなブラックドレスがとても魅力的でした。

影絵が動いて、晩餐会を楽しんでいる様子が想像できます。

[Les Star en Dior]

映画で使用されてきた、様々な衣装が、フィルムと同時に公開されています。

[L’invitation au Voyage]

それぞれの国からインスピレーションを受けた作品たちが並びます。

[Le Bal Dior]




たくさんのドレスが並んだこちらのフロア、映像が朝から夜にかけて背景と音楽が変わっていくのですが、ドレスの見え方がその都度印象を変える、まさにドレスの七変化とでも言いましょうか。息を呑む美しさでした。

[La Cambre aux Merveilles]


ショーケースに並べられた、Diorの名作たちのミニチュア版が見れるこのフロア。1つ1つのディティールが可愛すぎてたまりません。

最後の二つのフロアは、Diorの名品の香水のフロアです。

[Miss Dior]




[Le Pouvoir de L’Or]

CMが流れてきそうですね。

この美術館13のテーマに合わせたフロアで構成されているのですが、ブランドの美術館でここまで見応えがあるのは初めてではないでしょうか。

そして最後にDiorカフェがあったので、こちらも初めてということで、もちろん入りました。


美味しいインフュージョンティーとcocoというココナッツムースに、マンゴーの果肉が中にたっぷり入ったデザートがとっても美味でした。

想像よりも美術館内を見るのに時間がかかったので、お茶できる時間が娘たちのお迎え30分前!

優雅にお茶ではなく、10分で駆け込んだ形でしたが、とってもリフレッシュになる日現実的な世界を体験できた1日でした。

今回は娘たちなしでゆっくり、じっくり堪能したので、この素敵な世界観を今度娘たちにも見せてあげたいなと思いました♡

 

ARCHIVE

MORE ARCHIVE
TOP