Cart

MAMA & PAPA
DIARIES
いろんなママたちの子育て日記

世の中にはいろんなママやパパがいます。料理が得意なママ、都会でバリバリ働くママ、お子さんがたくさんいるママ...
環境が違ってもみんな同じママ。そんないろんなママたちの日常をちょっぴり覗き見してみませんか?クスッと笑えたり、
何かヒントになるコトがあるかも?!

金内朋子

金内朋子さん 整理収納コンサルタント

千葉県在住 片付けのプロとして、個人宅の整理収納サービス、講座セミナー、メディア出演など片付けられない人に向け様々な形でサポート・情報発信している。 3男1女、4人の子どもと夫の6人家族。3LDKマンション暮らし。 著書・『散らかしやさんが片付けたくなる部屋のつくり方』ワニブックス

MORE
「所有」から「レンタル」へ。当たり前を見直す【10のチェックポイント】

 

整理収納コンサルタント、金内朋子です。

 

物が多くて困る、という方必見。

レンタルをもっと活用しましょう。

片付けが進みます。

 

というのも

当たり前に「所有するべき」という思い込みで自宅に保管している物が多いこと。多いこと。

物を置くスペースを占領していたり、自宅に置いておかなければならないという焦燥感に囚われてしまうことがよくあります。(以前は私もそうでした)

もっと物や考え方を流動的に捉えることで

もしかしたら家にずっと置いておかず「レンタルでいいかも」と方向転換できるかもしれません。

そうなると収納スペースが、部屋の中が、頭の中が、スッキリするはずです。

 

レンタルにしても良さそうな、10個のチェックポイントをお伝えします。

 

 

ざっくりと大きく分けて、3つのレンタルがあります。

1物

2空間

3人やサービス

 

それぞれ細かい内容、10個ありますので併せてお伝えします。

 

1 物 

□洋服→日常的な洋服からセレモニーや着物など幅広く。コーディネートまでしてくれるサービスも。

□家具家電→実はあるんです。購入検討するために試してみたいという方に。

□ベビー用品→長く使わないからこそお試しを。

□布団→年にあるかどうかの来客のために押し入れを占領しなくてもいいかもしれませんね。

□キャンプ道具→レジャーもレンタルで賄えます。テントがなくても借りられるところも。

□車→カーシェア/車検・駐車場のコストがかからないのでたまに乗るだけの方はおすすめ。

 

 

 

2 空間

□レンタルルーム(他にも図書館や公民館など)→狭いと嘆いていませんか?自宅でなくてもいいかもしれません。

□家(賃貸)→いつでも引っ越せるという安心感。

□トランクルーム→溢れた物の逃げ場。注意点として管理できないものを突っ込むのはやめましょう。

 

 

3 人やサービス

□便利屋さんや家事代行、掃除道具交換など→できないこと、やりたくないこと、苦手なことは頼ることもアリだと思います。

 

 

 

またどのような判断でレンタルしたらいいいのか?

ポイントをお伝えします。

 

借りるポイント

期間限定のもの→ずっと置いておく必要のない、例)ベビー用品貸し衣装などのその時期限定で使うもの。

頻度が低いもの→例)布団来客用など使用頻度が低いもの。

頻度が高くても上回るメリットがある→例)カーシェア/手軽に返せる。車検に行かなくて良い。コスト安くなる。電車に乗るので痩せる?!など割と頻度が高くてもレンタルにした方が納得感がある場合。

 

 

家の中にずーっと置いてある出番の低い物、無駄なコストをかけていそうな物。などなど。

レンタルできるかもしれません。

ぜひ見直してくださいね。

 

 

 

 

 

 

TOP