Cart

MAMA & PAPA
DIARIES
いろんなママたちの子育て日記

世の中にはいろんなママやパパがいます。料理が得意なママ、都会でバリバリ働くママ、お子さんがたくさんいるママ...
環境が違ってもみんな同じママ。そんないろんなママたちの日常をちょっぴり覗き見してみませんか?クスッと笑えたり、
何かヒントになるコトがあるかも?!

田沼 トモミ

田沼トモミさん スタイリスト

神奈川県生まれ。アパレル企業勤務の後、独立。女性誌を中心にカタログや広告などで活動中。近年はキッズや、インテリアなどジャンルレスにライフスタイル分野までスタイリングを手がける。カジュアルモードなエッセンスを取り入れた親しみあるスタイリングが得意。2015年、2020年に女児出産。二児の母。

MORE
我が家にIKEAツリーがやってきた

こんにちは!

スタイリストの田沼トモミです。

 

あっという間にクリスマスシーズンとなりましたね〜。お店はどこもかしこもクリスマスモード一色で大人でもなんだかウキウキしてしまいますよね。

ご近所のモールに飾られているクリスマスツリーにじりじりつめ寄る2号さん。(1号は胃腸炎のため不在です)

あ、触ってはダメです〜〜〜〜っ

 

 逃げる2号。

ちなみにレギンスは過去記事「ファミキャン」でも熱烈な愛を綴ったお気に入りのV-strap leggings

休みの日はもっぱらこればっかりw。裏起毛バージョン出してくれないかな…(切望)。あとこの、とっちらかった薄毛ベビー的に盛れるニットキャップ。こちらも毎日のようにかぶせております。もう1歳1ヶ月で地味に早いイヤイヤ期突入なんで、床に投げ捨てられることも多々ありますが。めげませんよ…私は。何度でもかぶせてやってやります(←謎に1人メラつく)。

マスコット感も高まるので親的に萌え間違いなし、これまた推します。しかも撥水加工で優秀なのです。

 

クリスマスが終わったらあっという間に年末ですね〜。でもって2022年到来〜!

この師走感、ハンパない。

 

さて、ショッピングモールにあるクリスマスツリーには到底かないませんが、先日IKEAにてもみの木を入手してまいりました!

昨年まではネット購入したフェイクツリーでクリスマスムードを盛り立ててきましたが、姉妹の成長とともにサイズアウトする服やら学校関係の制作物が増えてきて、もう我が家のストレージはぱつんぱつん。

 

こりゃあかん、ということで収納にかなりの幅をきかせていたツリーをついにお嫁に出しました。これがなければ少しはストレージ容量が増える・・。

 

長女が生まれたときに購入したので実に丸六年間の連れ添い。現夫より長いです。←

 

ここ数年は長女と一緒に飾り付けできることが幸せだったなあ・・ありがとう・・ありがとう思い出を。

ありがとう・・!楽○で出回ってるアルザスツリー!君のボリューム感大好きだったよ・・!

 

とまあそんなこんなで涙涙(?)の別れをしたのち、我が家に新しく迎え入れたのはIKEAのもみの木。

 

ご存知の方もいらっしゃると思いますが念の為IKEAツリーについて、まずご説明をば。

IKEAでは毎年11月の半ばごろに生のもみの木を販売しています。

もみの木を期日までに回収すればお買い物クーポンがもらえるというシステムで、一本2,999円に対して1500円分のクーポンがもらえるので実質半分くらいの価格・・ということになりますね。

11月半ばからクリスマス終わるまでしか飾らないわけだし、うちみたいな収納場所が少ない賃貸住み一家にはぴったりやん!ということで今年からIKEAツリーを採用!

 

発売日をサイトで確認してよし!朝一番に行くぞ〜!と張り切って開店2時間前からスタンバイしたのですが、到着するや否やすでに行列〜!入場規制!!どっひゃー〜〜〜〜〜〜〜!?

写真を撮り忘れてしまったんでアレなんですが、正直、こんなに認知度高いんや・・とクリビツでした。私は前から15番目くらいの列でした。それからはどんどん後ろは長蛇の列・・みなさん、気合入ってます。

 

で、もみの木!とにかく大量に山積みになってるので一本一本選ばないといけません。でもって、葉が広がらないようにネットに包まれて麻紐でぐるぐる縛りつけられているので紐を取らないとシルエットがわからないんです。

すでに入場済みのもみの木ゲッターズにより麻紐を解かれたもみの木が何本か横たわっているので、それらをキープしてみるものの、やはり選考から外されてしまったであろう子らは枝ぶりが寂しいとか葉数が少ないとか、どこかしら残念な見栄え。

そんな選考から落ちてしまったもみの木たちは、板の上に横たわっていたりして・・なんだかちょっとかわいそうでしたが・・。とにかくいい状態の子を探そうと皆さん真剣!場内ものすごい熱気を感じました。

 

私もだいぶ奮闘したつもりですが、そのうちもうどれがいいのかなんてわからなくなる始末。木の幹は当然ぶった斬られてるので独り立ちで立たせることもできないし、ひとりで行ったので複数の木を離れて全体像を見比べることもできず。一人は木を支える係、もう一人は見比べる係と二人体制がいいなと感じました。

 

ちなみにもみの木、結構痛いです。葉はもちろん、幹も意外にトゲトゲしてますので軍手は必須でございます。

最終的には隙間感がどうも気になる木ではありましたが飾り付けで盛れればよし!ということで疲れて終了。

私のファーストもみの木バイイングは根性が足りず、1時間で脱落、しゅーりょぉお〜〜!

 

持ち帰りいざスタンドへ!とお水を注いで立ててみますが、思った通りスカスカや〜〜〜。とりあえず綿とオーナメントで寂しさ埋める。

 

謎のIKEAサンタを置いてフィニッシュ。

 

画面では伝えられないのが残念ですが、本物のもみの木は香りがよき。日に日に香りが薄れたり乾燥で葉が落ちている感じは否めませんが、フェイクとは違った木本来の良さ・・まあ、自己満ですが。

 

逆にスカスカしているせいで窓奥が見えて抜け感があるのもなんかいいかも〜というPMA(Positive Mental Attitude=肯定的精神)。

 

とりあえず今回の経験を教訓に、来年に生かしたいと思います。

 

それでは、また。

ARCHIVE

MORE ARCHIVE
TOP