Cart

MAMA & PAPA
DIARIES
いろんなママたちの子育て日記

世の中にはいろんなママやパパがいます。料理が得意なママ、都会でバリバリ働くママ、お子さんがたくさんいるママ...
環境が違ってもみんな同じママ。そんないろんなママたちの日常をちょっぴり覗き見してみませんか?クスッと笑えたり、
何かヒントになるコトがあるかも?!

田沼 トモミ

田沼トモミさん スタイリスト

神奈川県生まれ。アパレル企業勤務の後、独立。女性誌を中心にカタログや広告などで活動中。近年はキッズや、インテリアなどジャンルレスにライフスタイル分野までスタイリングを手がける。カジュアルモードなエッセンスを取り入れた親しみあるスタイリングが得意。2015年、2020年に女児出産。二児の母。

MORE
益子・陶器市

こんにちは!スタイリストの田沼トモミです。

日中は半袖で過ごせる日も多く、アウター嫌いの自分としては身軽で嬉しい今日この頃です。我が家の次女も活動量が増え、最近は半袖がスタンダードとなりました。

たまらない太もも・・♡保育園ではレギンスが多いですが、お休みの日はブルマ合わせもしちゃう・・♡大きくなってしまうとブルマを履いてくれないので、嫌がられるまで履かせ続けるつもりです・・ふふ。

とにかく保育園では着替えをしまくるのでお迎え時に「え!今日すごい柄柄な組み合わせだね?!笑」ってこともよくあるんですけど、このようなグラフィックTなら下がどんなに派手柄ボトムでもどんとこいです。

左・Flare Tee右・Graphic Tee

薄毛さんでもフレア袖のTシャツを着るとたちまちガール風味になるから不・思・議。

ここ最近は、姉の写真を撮ろうとすると99ぱーの割合で変顔されたり顔を隠されたりするので、寂しいかーさんでございます・・。

そして気づいた方はいらっしゃるかもしれませんが、どちらも猫です。

petitmainは猫ブームニャンですか?デザイナーさんが猫好きニャンですか?

そんな次女たんも、空前の猫ブームきた!!!

「にゃにゃ〜!!」とこちらが猫マネをするとご機嫌にニャルのです。ちょっと前までは保育園まで猫のぬいぐるみを抱っこして連れて行こうとしてギャアギャアてんやわんやでしたが、ここ最近は「出かける前はないないだね〜〜」というと、猫ちゃんはお留守番なんだと玄関でお別れしてくれるようになりました。

成長したニャ〜〜😻

我が家に猫ちゃんはいないのですが、自分も猫好きなのでいずれ猫をお迎えできるお家にしたいと思っております。

それまでは猫モチーフのアイテムで我慢、我慢・・。はあ、with猫生活が待ち遠しい。

ちなみにこちらは先日のゴールデンウイークで益子の陶器市に訪れた際に出会ったokazooさんの作品。

この何とも言えない猫の表情。。たまりません。他にも動物モチーフの焼き物がいくつかありまして、どれもこれもツボでした。

 

うう〜〜〜ん、やっぱりこのクマも非常に持ち帰りたかった。。好きだわ・・。

 

ちなみに益子の陶器市は長女と私の姉でバスツアーで参戦!

「これからお皿のまちに行くよ〜!」

と朝の6時に起こし、テンションを上げて楽しげな雰囲気を醸し出してみる。

遠足やお友達の家へお泊まり会、キャンプ、じいじばあばとご飯、などすでに経験済みの事柄については事前に伝えるのですが、長女は「初めて」に苦手意識を持つタイプ。

先日の旅ログのベトナム行きや、益子の陶器市など、<初めて>の出会いには「何だかよくわからないし、行きたくない!!」と言われる前に、もう戻れませ〜ん!という状況を作ってから伝えるのが我流です。

この日もチェキを持参の長女。ちなみにボーダーカットソーはpetitmainです。ボーダー愛についてはまた書きまーす。

陶器市へ行きたいけど子連れだとどうかな〜??と悩んでる方もいらっしゃると思いますが、案外子供でも楽しめます。我が家のチビ(1歳7ヶ月)は危険と思いお留守番してもらいましたが、ものを大事に扱えるくらいの感覚があれば問題なし!3年ぶりの開催とのことで、老若男女問わずベビーカー連れの方もとても多かったのが印象的でした。

今の時代オンラインでも買うことができるので便利で自由度も高いですが、実際に<触れる>という感覚は大事だなあとつくづく実感します。

イメージしやすいように長女には「お皿のまち」と伝えましたが、当然お皿だけには限りません!花器やオブジェ、ブローチや髪飾り。あちらこちらにありとあらゆる「焼き物」が大集合!ベテランさん、若手作家さん、ここでしか出会えない作家さん。いろいろな作品に触れ合えるのが陶器市の魅力ですね。

長女なりに物色していくつかセレクトに悩んだのち、最終的にはこちらをお持ち帰りとなりました。

豆皿と箸置き、ガラスのミニボウル。

小さいものって。。なぜ無条件にカワイイのでしょう?

この豆皿はステイホーム中に陶芸家のお子さんが作った豆皿だとか。

ミニボウルは焼き物ではないけれど、最初に訪れたtete+galleryで出会った廣田硝子のもの。

tete+galleryには焼き物だけではなくファッション雑貨からキッチン用品など、手仕事感の詰まった味のあるセレクトばかりでわくわくします。雑貨好きにはおすすめです。

tete+gallery

6月に益子へ旅行に行くのですが、長女も初の陶芸体験をする予定です!

以前こちらでもちらっとお気に入りアイテムとして紹介したハンガリー人の陶芸家、ラントス・ティミさんによる陶芸プログラムがあるそうなので、心待ちにしています。

陶芸教室に通い始めて約1年。通えない月もありましたが、一つのものを作るのに想像以上に時間がかかるんだなあというのがファーストインプレッション。

そう、モノが出来上がるまでにはそれなりの時間と労力が必要なんですよね。

<手仕事>を通して娘の感性や創造性が広がればなあと思い、まずはやらせる前に自分がやってみよう!ということで不器用ながら続けています。

未だに工程を覚えられないし、わ〜!失敗した!なんて、あたふたしつつも先生たちのお手を借りながら土いじりを楽しんでいます。

多少出来は悪くとも自分で作った器で食事をするのは気分がいいものです。

今後は花器やプレート、絵付けなども挑戦したいなあ。

娘にもこの感覚を共有してもらえたらこれ幸い。

 

それでは、また。

ARCHIVE

MORE ARCHIVE
TOP