Cart

MAMA & PAPA
DIARIES
いろんなママたちの子育て日記

世の中にはいろんなママやパパがいます。料理が得意なママ、都会でバリバリ働くママ、お子さんがたくさんいるママ...
環境が違ってもみんな同じママ。そんないろんなママたちの日常をちょっぴり覗き見してみませんか?クスッと笑えたり、
何かヒントになるコトがあるかも?!

星野奈々子

星野奈々子さん 料理家

ITエンジニアとして働きながら料理の勉強を始め、退社後にフードコーディネーターとして独立。現在は書籍、雑誌、企業のレシピ開発を中心に活動。「はじめての台湾料理」(PARCO出版)など著書多数。8歳の息子を持つママ。

MORE
養老渓谷

こんにちは。料理家の星野奈々子です。

先日、千葉県大多喜町の養老渓谷に行ってきました。

この時期は紅葉でも有名ですが、川遊びや釣りができるところや、滝や橋などがあったりして、いつ行っても楽しめる場所です。

紅葉にはまだ早かったのですが、暑くもなく寒くもなく気持ちの良い気候で、大自然に癒されます。

川に入るほどは暖かくなかったのですが、足だけ入っている子供などもいました。

養老渓谷の観光名所の一つでもある「観音橋」

珍しい形で、鮮やかな朱色。作るときは大変だっただろうなぁと思いながら渡りました。

観音橋を渡り、しばらく登っていくと「出世観音立國寺」があります。行く途中のトンネルがなんだか幻想的でした。

お寺でお祈りをして、近くの養老温泉に寄りたいところでしたが、時期が時期なので今回はそのまま帰宅しました。

自然が美しくて、歩くだけでほっこりとする場所でおすすめです!

*************************

今回はとても簡単にできる「ショコラテリーヌ」のレシピをご紹介したいと思います。

バター、チョコレート、生クリームを温め、卵を加えて低温で焼くだけなので、まるで市販の高級なスイーツのような仕上がりになるので、プレゼントなどにもおすすめです。

カロリーも油分も高いので、どちらかというと子供のおやつというよりはワインとともにつまめる大人のスイーツ、というイメージです。

材料(18cmパウンド型1台分)

バター(食塩不使用)100g

チョコレート 200g(板チョコでOK)

生クリーム 100ml

卵 2個

 

下準備

・型にオーブンシートを敷く。

作り方

1. バターとチョコレートは粗く刻んで耐熱ボウルに入れる。(板チョコの場合は手で小さく割る)

2. 1.のボウルに生クリームを加えてラップをかけ、600Wの電子レンジで1分30秒加熱し、ゴムベラで混ぜながらバターとチョコレートを溶かす。

3. 2.に溶いた卵を加えて泡立て器でよく混ぜ合わせ、型に流し入れる。型をバットに入れ、熱湯を1cm高さ程度注ぐ。

4. 3.を天板にのせ、150度に予熱したオーブンに入れ、50分焼く。粗熱が取れたら冷蔵庫で3時間ほど冷やす。

焼き時間は長いですが、手順はシンプルで失敗しにくいのでぜひ作ってみてください!

ARCHIVE

MORE ARCHIVE
TOP