Cart

MAMA & PAPA
DIARIES
いろんなママたちの子育て日記

世の中にはいろんなママやパパがいます。料理が得意なママ、都会でバリバリ働くママ、お子さんがたくさんいるママ...
環境が違ってもみんな同じママ。そんないろんなママたちの日常をちょっぴり覗き見してみませんか?クスッと笑えたり、
何かヒントになるコトがあるかも?!

甘木サカヱ

甘木サカヱさん ライター

一男一女の母である主婦ライター。自宅に1000冊以上の絵本蔵書を持つ絵本マニア。Twitterアカウント「よく眠りたまに色々考える主婦 甘木サカヱ」としてフォロワー約96000人。義理の両親との同居生活や育児、絵本についてなど軽妙なツイート、エッセイ等が人気。著書に「アラフォーになってようやく気づいたんだけど、私、たぶん向いてない。生きることに……」(KADOKAWA)など。

MORE
ゾゾーっと涼しく?おばけの絵本

暑さも厳しくいよいよ夏本番の日々ですね。
省エネルギーが叫ばれるものの、元気いっぱいの子どもが部屋にいるだけで、室温も湿度も格段にアップする気がするのは気のせいでしょうか…

今回は、そんな暑さ厳しい夏を、気分だけでも涼しく過ごせるよう、
ちょっぴり怖い?小さなお子さん向けにはとっても可愛い?おばけの絵本を選んでみました。

0〜2歳児さんにおすすめ

かわいいおばけ、何になる?楽しい仕掛け絵本

へんしん!おばけちゃん

ひらぎみつえ

あかおばけちゃん、へんしんへんしん!
かわいいカラフルなおばけちゃんたちが、予想もつかないあれこれに変身する、ゆかいなしかけ絵本です。

しかけの動きも工夫が凝らされていて、子どもの指でもスムーズに動かせます。
丈夫な厚紙でできたボードブックなので、お子さんが多少手荒に扱っても大丈夫。

まだ「おばけ」のことがわからない赤ちゃんも、そして「おばけ?怖い〜!」という幼いお子さんにも、
こんな可愛いおばけちゃんなら、きっとちっとも怖くありません。

最後のページでは、おばけちゃんが鮮やかな花火に!今の季節にぴったりの絵本です。

 

3〜5歳児さんにおすすめ

真夜中のバス停、乗り込んでくるのは…?

「まよなかのバスてい」

古内ヨシ

可愛いだけのおばけはもう卒業!でも、ほんとに怖い幽霊のお話はまだちょっと…

そんなお年頃のお子さんにおすすめなのが、こんなユーモラスな妖怪絵本。

真夜中のバス停、待っている妖怪たちの前にやってきたのは、たこ入道のバス。
提灯お化けのタクシーに、火の車!

次から次にやってくる乗りものも、待っているお客さんも妖怪だらけ!
窓の穴から覗くのは何?というしかけもあり、何度もめくって楽しめます。

ちょっぴり怖くてとっても楽しい、幼児さんにぴったりのおばけ絵本です。

 

6歳〜におすすめ

私たちが怖がっているのは幽霊?暗闇?それとも…?

「くらいところからやってくる」

作・前川知大 絵・小林系

暗いところが大嫌いな「ぼく」。夜になると、家中の明かりをつけて回っては、またお母さんに消されてしまう。

あるとき、くらやみに向かって話しかけてみた。
「だれかいるの?」「……いないよ」

暗闇に潜む恐怖と、どこか根源的な安心感。
「おばけとおもえば おばけだよ」という暗闇の不思議なやさしさ。

劇作家である前川知大さんの、練り込まれ広がりを感じるテキストに、
柔らかなタッチで暗闇の深さと光の眩しさ、暖かさを鮮やかに描き出す小林系さんのイラスト。
この組み合わせでなければ成立しなかったであろう、豊かな物語世界に大人も子供もぜひ、酔いしれてください。

 

子供はみんな、不思議なほどにおばけが大好き。
ゾゾーっとする怖さを楽しめるのも、きっとそばに誰かがいてくれる安心感があってこそではないでしょうか。
暑い夏も、時には親子で寄り添って、おばけ絵本を楽しめるといいですね。

 

 

 

TOP