Cart

MAMA & PAPA
DIARIES
いろんなママたちの子育て日記

世の中にはいろんなママやパパがいます。料理が得意なママ、都会でバリバリ働くママ、お子さんがたくさんいるママ...
環境が違ってもみんな同じママ。そんないろんなママたちの日常をちょっぴり覗き見してみませんか?クスッと笑えたり、
何かヒントになるコトがあるかも?!

甘木サカヱ

甘木サカヱさん ライター

一男一女の母である主婦ライター。自宅に1000冊以上の絵本蔵書を持つ絵本マニア。Twitterアカウント「よく眠りたまに色々考える主婦 甘木サカヱ」としてフォロワー約96000人。義理の両親との同居生活や育児、絵本についてなど軽妙なツイート、エッセイ等が人気。著書に「アラフォーになってようやく気づいたんだけど、私、たぶん向いてない。生きることに……」(KADOKAWA)など。

MORE
冒険の絵本〜ご近所から宇宙まで!

季節の変わり目、なんだかぐずついたお天気が続いたりして、気分もつい沈みがちです。

そんな時こそ絵本の出番。表紙をひらけばそこは別世界。お子さんと一緒に、大冒険の旅に出かけましょう!

 

0〜2歳児さんにおすすめ

地面から離れる?それって赤ちゃんの大冒険!

「ぴょーん」

まつおか たつひで

子どもたちは、産まれてから体験するすべてが大冒険。
ハイハイやあんよ、どんどん世界が広がって…そして忘れちゃいけないのが「ジャンプ」!
初めて両足を地面から離して(ほんの一瞬だとしても…)、思いきりジャンプした子どもの誇らしげな顔といったら。
「ぴょーん」は、いろんな動物たちが力いっぱい飛び上がる、躍動感に満ちた絵本です。
この本の可愛らしい小さな判型からは想像もつかないエネルギーが、ページをめくるごとに溢れてきます。

自分でジャンプできるお子さんも、まだもう少しのお子さんも、「ぴょーん」の掛け声に合わせて体を動かせばそれはもう大冒険。
カエルみたいに、バッタみたいに、思いっきり地面を蹴って飛びましょう!

 

3〜5歳児さんにおすすめ

夜は眠るもの。でも、みんなにおやすみを言ってからね!

「よるはおやすみ」

はっとり さちえ 作

「みんなにおやすみをいってから ねましょうね」お母さんにそう言われた子どもたちが、
世界中におやすみを言う大冒険に出かけます!
夜の街に出て、友達みんなを引き連れて、川を渡り空を飛んで、ついには…?

夜の世界を飛び回る子どもたちの生き生きとした表情からは「まだ眠くない!もっと遊ぶ!」という、
子ども時代には誰もが思ったであろう本音が溢れています。

はっと目をひく鮮やかな絵もこの本の魅力です。深い闇の色に浮かび上がる、子どもたちの色とりどりのパジャマのおしゃれなこと!
どのページも額に入れて飾りたいような完成度の高さです。

おやすみの旅を終えた子どもたちは、ちゃーんと自分のベッドに戻ってきますので、安心してくださいね。
眠る前の絵本タイムにもおすすめの一冊です。

 

6歳〜におすすめ

亡き祖父の面影を追って、幻想の水平線の向こうへ

「海とそらがであうばしょ」

テリー・ファン&エリック・ファン 作 増子 久美 訳

「ずうっと ずうっと とおくにな、海とそらがであうばしょが あるんだよ」
大好きなおじいさんの遺した言葉を胸に、少年フィンは船をつくり、航海に出ます。
約束の場所を探す旅に…

切なくも暖かいストーリーを紡ぐのは、圧巻のイラストレーション。
ページをめくるたびにため息が漏れるような…幻想的で広大で、そしてどこか恐ろしくも懐かしい世界が広がります。
本棚でひときわ存在感を放つ、美しいつくりの絵本です。
大人へのプレゼントにもおすすめの一冊です。

 

梅雨の気配も色濃くなり、お家で過ごす時間も増える季節ですね。
しとしと雨音を聴きながら、ゆっくり絵本を開いてみるのはいかがでしょうか。

 

 

TOP