Cart

MAMA & PAPA
DIARIES
ママ&パパダイアリーズ

世の中にはいろんなママやパパがいます。料理が得意なママ、都会でバリバリ働くママ、お子さんがたくさんいるママ...
環境が違ってもみんな同じママ。そんないろんなママたちの日常をちょっぴり覗き見してみませんか?クスッと笑えたり、
何かヒントになるコトがあるかも?!

小張隆

小張隆さん 書店店主

大学卒業後、児童書出版社・童心社に入社し、営業職として8年間勤務。書店まわりはもちろん、全国の学校や図書館、幼稚園・保育園などで絵本や紙芝居の販売を行う。2016年1月、台東区谷中にて「ひるねこBOOKS」をオープン。古書をメインに、新刊書やリトルプレス、北欧雑貨などを扱う。店内での展示やイベントも随時開催中

MORE
5月のおすすめ絵本

こんにちは。

ひるねこBOOKSの小張です。

 

せっかくのGWも、今年はお出かけできませんね。

家で過ごす時間が、少しでも楽しいものになりますように。

 

乳幼児向け

リサ・ラーソン

『マイキーはど~こだ』(パイインターナショナル)

 

赤と白のしましまマイキーは、どこに隠れているでしょう?リビングや子ども部屋、公園やビーチ。探すのは簡単なようでいて、なかなか難しかったり。親子で指差しながら楽しめます。

印象的な動物たちの姿や表情を生み出す、スウェーデンの人気アーティスト。お馴染みリサ・ラーソンの人気キャラクターが、とびきり可愛い絵本になりました。なかなか外に出られない今だからこそ、想像の翼をうんと広げてみましょう。

 

 

 

年少~向け

大塚ミク 作、オオノ・マユミ

『くいしんぼうのマルチェロ』(出版ワークス)

 

とあるレストランのシェフ・マルチェロは、とってもくいしんぼう。料理の途中で、いつもつまみ食いばかりしています。ある日リンゴをかじると、白いエプロンがたちまちリンゴ模様に。続いてぶどうジュースを飲み、リゾットを食べると……

目を閉じると、そこは食べもののふるさと。私たちが食べているものは、どこから来るのでしょうか。遠い場所に思いを馳せます。食べることは生きる喜び。くいしんぼうは、幸せのはじまり。

 

 

 

年長~向け

村田 沙耶香 著、米増 由香 絵、瀧井 朝世

『ぼくのポーポがこいをした』(岩崎書店)

 

親友のポーポが、ぼくのおばあちゃんと結婚することになった。そんなの絶対に変。だってポーポは、ぬいぐるみなのに。 「そうだろうねえ」おばあちゃんは笑う。「でもね こいは へんなんだよ。へんになるのが こいなんだから」。

真っ青な空の下、ふたりは結婚式を挙げた。ぼくは精一杯の拍手を送る。ぼくも誰かに恋をするだろうか。その時はどんな気持ちなのだろう。不思議な読後感を残す物語。いま恋をしている人、いつか恋をする君へ。

TOP