Cart

MAMA & PAPA
DIARIES
いろんなママたちの子育て日記

世の中にはいろんなママやパパがいます。料理が得意なママ、都会でバリバリ働くママ、お子さんがたくさんいるママ...
環境が違ってもみんな同じママ。そんないろんなママたちの日常をちょっぴり覗き見してみませんか?クスッと笑えたり、
何かヒントになるコトがあるかも?!

Shiho

Shihoさん 海外在住ママ

3年前主人の仕事の関係で、妊娠5ヶ月の中、1歳10ヶ月の長女を連れて渡仏。フランス語は0からスタート。海外での出産を経験し、現在5歳と2歳の姉妹ママ。パリの楽しみ方や海外子育ての様子をお届けできたらと思います。

MORE
我が家のVacances ♡

Bonjour!

我が家にもようやっと、待ちに待ったvacances がやってきました!

今年の行き先は、ローマに引っ越した後に、フランス内の旅行でやっぱり行きたかったなぁと後悔していた、サヴォワの宝石とたとえられた、ヨーロッパで1番透明度が高いアヌシー 湖がある、Annecyに行くことにしました。

車がないといけないと思っていた場所だったのですが、ロックダウン後のTGVの格安チケット販売で検索していたところ、TGVでもいけることがわかったのです。

3時間43分と長旅でしたが…家族4人で往復一等車で250€と破格でした。

一等車は、席も広々快適でした。

パスサニーテール(ワクチン接種証明証又はPCR陰性証明48-72時間)が必要なはずなんですが…提示する機会がありませんでした。。。

TGV内のマスク着用は義務でした。

アヌシーはフランス人にも人気の観光地で、世界各国からも観光客が押し寄せ、昨年の夏に友人が何名か旅行に行っていましたが、市内に近い湖はとっても混んでるということだったので、我が家は市内から車で20分、電車なら1時間はかかるのですが、湖の側でありながら、緑あふれるホテルにしました。

ル パラス ド モントン Le Palace De Menthon

ウェルカムスイーツはマカロンとカヌレで

とにかく部屋からの景色が最高です!!

角部屋だったので、もう一つのバルコニーからの眺めも楽しめます。

ここでは、きちんとパスサニーテールのQRコードをスキャンされました。

ホテル内ではマスク着用が義務、外は個人の自由でした。

昔は出来るだけいろんな国に行って、たくさんの物を見て、とにかく観光したい!というヴァカンスの過ごし方だったのですが、子供がいるとやっぱり移動するのに疲れてしまうので、1箇所に滞在することが多くなりました。

この日はもう到着して疲れたので、(既に、笑)のんびり散歩した後、夕飯をホテルでとりました。

ロゼが美味しい〜!

景色が綺麗なレストランでしたが、夕方から夜にかけてはかなり寒かったので上着を取りに部屋へ戻りました。

amuse boucheのにんじんのスープがとっても美味しくて、子供たちもパクパク。

子供達はキノコのリゾット。

もう日本食の非常食を用意しなくて良くなったなんて、次女も大きくなりました。食事がなんでも食べられると、子連れ旅行がぐっと楽になりますね。

私はEntrée にサーモンのタルタルと

Plat も魚にしました。どれもこれも星付きレストランくらい美味しかったです。
美味しいご飯を食べたところで、

ゆっくり休みます!おやすみなさい。

さあ、次の日は同じレストランの場所で朝食をとってスタートです。

こんなに優雅な朝食はいつぶりでしょうか。

(ただ野菜が全くなかったです。)

さあ、子供達のお楽しみ、いざプールへ向かいます。

プールまでは外を通らないといけないのが難点でした。

そして、Covid 対策でロッカーが使用できないとのことで、バスローブを着て行き来してねとのことでした。

娘たちのを持って来なかったので、彼女たちはレインパーカー。

名前に海がついているからか、次女は赤ちゃんの時から水が大好き!

長女はちょっとカナヅチ気味でした。この旅で、もうカナヅチとは言わないくらいになりましたよ。

午前中プールの後は、ランチの営業時間12:30までビーチで遊びます。

湖を眺めながら、テラスでランチができます。

食事が来るまで娘たちが遊べるのも、いいところ!

本日のお魚を頼んだんですが、本日のお肉がきましたよ。

美味しそうだから、勿体無いのでそのまま文句も言わずに頂きましたが、お会計はバッチリ魚(ミニマムの金額)でした。笑

キッズメニューのフリットが山盛りでした!

アイスも食べて、あー満腹。

ビーチサイドで一休みして、気温が上がるまで待ちます。

湖の温度が、フランス人のお友達には、そんなに冷たくならないのよと聞いていたのですが、日本人の私たちには冷たすぎました!

そしてこの夏は本当にフランス、夏はどこへといった感じで、気温があまり高くないのです。

15:00過ぎにようやっと気温が上がったところで、湖へ行きます!

 

思っていたより、ホテル付近が浅瀬じゃないので、波が高くて、浮き輪が必須です。

そして、気温が上がっても、やっぱり水が冷たい!

ので、唇が紫になる前に上がります。笑

日差しは強いので、砂遊びをしていたらすぐ乾きますし、暑くなってくると、また少し湖に入ってを繰り返します。

ビーチで大人はのんびり、子供も砂遊びにプールと楽しめる、そんな贅沢にスローライフを送る、我が家のVacances の過ごし方でした。

ARCHIVE

MORE ARCHIVE
TOP