Cart

MAMA & PAPA
DIARIES
いろんなママたちの子育て日記

世の中にはいろんなママやパパがいます。料理が得意なママ、都会でバリバリ働くママ、お子さんがたくさんいるママ...
環境が違ってもみんな同じママ。そんないろんなママたちの日常をちょっぴり覗き見してみませんか?クスッと笑えたり、
何かヒントになるコトがあるかも?!

Shiho

Shihoさん 海外在住ママ

3年前主人の仕事の関係で、妊娠5ヶ月の中、1歳10ヶ月の長女を連れて渡仏。フランス語は0からスタート。海外での出産を経験し、現在5歳と2歳の姉妹ママ。パリの楽しみ方や海外子育ての様子をお届けできたらと思います。

MORE
パリの公園

Bonjour!

先月末に夏時間が終わって、Heure d’hiver 冬時間になっています。日本との時差は8時間です。

そして毎年思うのですが、個人的に11月が1番寒い。暖かかった日から急に最低気温が2度、3度と冷えるようになり、体がついていきません。

これからグレーの空と寒い日が続くので、なかなか出かけるのが億劫なのですが、晴れた日には公園巡りをしたくなるほど、パリには沢山の素敵な公園があちこちにあります。

とは言っても只今ロックダウン中。

出かけられるのは1日1時間、1キロ圏内のみです。ですが、今回は公園が開いているいるので、近くの公園には行くことができます。

感染予防策としてはロックダウンの意味は?と少々不明なところですが…子持ちママとしては大変ありがたいです。

そしてロックダウンの時に限っていいお天気なんですよね…

今日は普段よく行く公園を紹介したいと思います。

家から徒歩3分のSquare Santiago du Chili公園は砂場と小さい子用の遊具のみの小さな公園です。

星の王子様の著者アントワーヌ・マリー・ジャン=バティスト・ロジェ・ド・サン=テグジュペリ(Antoine Marie Jean-Baptiste Roger, comte de Saint-Exupéry)の像があります。

どの公園も周りは柵があり、朝晩には閉まります。花壇は定期的に手入れされ、たくさんのベンチがあります。ランチ時間にはベンチで食事をする人、本を読む人、誰もがホッとできるみんなの憩いの場です。

さらに10分ちょっといくと、教会の側にSquare Samuel Rousseau公園があります。

ここは小さな砂場とクライミング付きの滑り台があります。公園によって遊具も様々なので、子供たちは飽きずに楽しめます。

さらにそこから10分ちょっとでまた別の公園Square des Missions-Étrangèresに到着します。

遊具にはそれぞれâge minimale とâge maximale の年齢制限の記載があります。次女はまだ2歳なので、本来ならできるものに限りがあるのですが、下は怖いもの知らず。なんでもやってのけます。

この公園の近くは老舗のデパートボンマルシェの近辺ということもあって、徒歩5分以内に3つも公園があります。

その1つに私の1番のお気に入りの公園カトリーヌ=ラブレ庭園 Jardin Catherine-Labouréがあります。ぶどうのアーチがとても綺麗で、夏にはピクニックを芝生でよくします。

ここはパリの公園では珍しく、すごく綺麗なわけではないですが、使えなくないトイレもありますし、下が木屑になっていてクッション性も抜群。

パリではどこでもトイレがあるわけではないので、トイレ事情は子供が小さいうちはとても困ります。

そのほかの公園も私が好きなのは下がラバーのものばかりなのですが、もちろん下が砂の公園もあります。

そしてまたここから家の方に10分ちょっと向かうとPierre de Gaulle Square 公園があるのです。

と家から徒歩圏内で行ける公園がとにかく沢山!そしてどの公園もうっとりするほど素敵なのです。

でも公園巡りは大人はいいお散歩なのですが、子供にとっては移動は大変ですよね。次女はベビーカーに乗っているわけですが、長女は歩くのかというと、まだ5歳になりたて、そんな訳にもいきません。

ではどうするかというと、フランス人で乗らない人はいないんじゃないか?という国民的乗り物、トロチネットでどこまでも行くのです。

ベビーカーを卒業してから、良いのか悪いのか、ずっと交通手段で使っています。

自転車にも乗れるようになりましたが、この方が細い道など、スピードを落としてベビーカーの側を並んで走ることもできるので、安心安全なのです。

そう、彼女はすっかりパリジェンヌ!

 

TOP