Cart

MAMA & PAPA
DIARIES
いろんなママたちの子育て日記

世の中にはいろんなママやパパがいます。料理が得意なママ、都会でバリバリ働くママ、お子さんがたくさんいるママ...
環境が違ってもみんな同じママ。そんないろんなママたちの日常をちょっぴり覗き見してみませんか?クスッと笑えたり、
何かヒントになるコトがあるかも?!

Shiho

Shihoさん 海外在住ママ

3年前主人の仕事の関係で、妊娠5ヶ月の中、1歳10ヶ月の長女を連れて渡仏。フランス語は0からスタート。海外での出産を経験し、現在5歳と2歳の姉妹ママ。パリの楽しみ方や海外子育ての様子をお届けできたらと思います。

MORE
ローマのお隣

Ciao!

2/1から、コロナウイルス外出規制がまた少し緩和されて、オレンジゾーンからイエローゾーンに緩和されました。

レストランやカフェも18:00まで営業可なので、ランチができるようになりました。これでお出かけのトイレも安心。笑

そしてローマのお隣ヴァチカン市国にも行くことが可能ということで、またオレンジに戻ってしまう!?前に行ってきました!

自宅からヴァチカンへ向かうのに、初めてトラムに乗りました。

中はこんな感じです。

切符はバスやメトロと同じものが使えます。私はまだメトロも乗ったことがないので、券売機に行ったことがありません。いつもバス停の近くの売店で購入しています。1枚1.5€で毎回10枚ほど買っています。

そしてこの黄色い機械に通します。

この間友人に初めて教えてもらったのですが、チケットを通すと時刻が記載されるのですが、その時間までは何回でも乗り降り可能だそうです。お得!今まで一回乗るごとに新しいチケットを通していたので、次回から時間確認して使いたいと思います。

トラムを降りてサン・ピエトロ広場に向かいました。イタリアとヴァチカン市国の国境は城壁で囲まれていますが、パスポートなしで入国できます。

世界最小の国家ヴァチカンに到着です!

国土面積は東京ディズニーランドと同じくらいの大きさだそうです。

ヴァチカンのメイン玄関 Piazza do Sam Pietro サン・ピエトロ広場です。

左右に広がる284本もある大きな柱、大柱廊はコロッセオをヒントに作られたそう。約11年の歳月をかけて1667年に完成したそうです。壮麗な空間美に圧倒され、早々魅了されました。

気分も高まったところで、いよいよ名だたる芸術家たちが手がけたカトリックの真髄、Basilica du San Pietro サン・ピエトロ大聖堂に入ります。

息をのむ美しさとは、まさにこのことだと思いました。

ミケランジェロ23歳の時の作品 ピエタ像

イエスの最初の弟子であり、初代教皇の聖ペテロ像

何時間でも見ていられる空間ですが、幼い娘たちは早々に飽きたので、クーポラ↓

にも登れるということなので、こちらにも登ってきました。

身廊と側廊の上のテラスまでは、エレベーターがあったので、ここまではエレベーターで登りました。

さあ、いよいよ階段で登りますよ。

細い階段を上がっていくとまず辿り着くのが、コンフェッシオーネ(告白)と呼ばれる教皇の祭壇の真上。

天井画もこんなに近くで見ることができます。

さあ、一息ついてまた登ります。3歳になったばかりの次女も自力で頑張ります。

おっとっとっと、倒れる〜なんて言いながら楽しく登っていた娘たち。

あっもう直ぐ着きそう!

到着〜!見てください!この絶景!!

母たちはマスクしながら、息切れでなかなかハードでしたが、お天気も良く、この日は気温も最高20度と、暑すぎず寒すぎず最高でした!

この日はヴァチカン美術館も行きましたので、それは次回。是非お楽しみに!

TOP