Cart

MAMA & PAPA
DIARIES
いろんなママたちの子育て日記

世の中にはいろんなママやパパがいます。料理が得意なママ、都会でバリバリ働くママ、お子さんがたくさんいるママ...
環境が違ってもみんな同じママ。そんないろんなママたちの日常をちょっぴり覗き見してみませんか?クスッと笑えたり、
何かヒントになるコトがあるかも?!

佐藤望美

佐藤望美さん 雑誌エディター

ファッション雑誌、ママ雑誌、書籍など幅広いメディアで編集とライティングを行っている。ビューティ、インテリア、子連れ旅など子育て中のママの暮らしを充実させるコンテンツが得意。7歳の息子と3歳の娘を持つママ。

MORE
セルフケアは何を優先するか

こんにちは。

先日、Biople FES
参加してきました!

このフェスは、
Biople by CosmeKitchen
定期的に開催している
イベントで、

オーガニックフードやコスメ、
サスティナブルなアイテムを
実際にお試ししたり、
メーカー・ブランドさんから
直接話を聞ける貴重な場。

これからリリースする新商品の
お披露目会も兼ねています。

普段の自分のアンテナだけでは
どうしても偏りが出てしまうので、
とてもいい機会!

気になるアイテムがたくさんあったので
折を見て少しずつ
ご紹介していこうと思いますが、
まずはこれ!!

コロナ スプレー 次亜塩素酸水

EPICXIA(エピクシア)という、
「ph調整次亜塩素酸水」ブランドの
除菌・消臭水ボトル(60mL)

このコロナ禍で
すっかり定着した
次亜塩素酸水ですが、
これは性質の安定性が高い
非電解型混和型。

この製法は、
新型コロナウイルスを
99.99%不活性化させる
という検証結果が出ているそうです。

アルコールより
除菌効果が高いらしい…!

家ではソファやテーブルに
スプレーして、
外出するときは
吊り革や手すりに触った後
シュッとやるとよさそう。

早速持ち歩いています。

デリケートゾーン ケア お手入れ

こちらは、
THE LADY.(ザ ・レディ)
というブランドの
デリケート ローズ
プラセンタ ウォッシュ(右)と
プラセンタ セラム(左)。

デリケートゾーン専用の
お手入れアイテムです。

この話題はタブーなんて
言っていた時代はどこへやら、
今はケアして当たり前になっていて
続々とアイテムが出てきています。

出産を控えていたり、
出産経験のあるママなら
なおさら気になるところですよね。
加齢で乾燥しやすくなり、
弾力やハリも無くなってくるので
30代後半からは専用ケアは
必須らしいですよ。

これは発酵ローズエッセンスと
ローズプラセンタが
贅沢に配合されている
洗浄剤とセラムなのですが
なんとこのバラは
パリ・ベルサイユ宮殿の
王のキッチンガーデンで
育てられた「ベルサイユのバラ」だそう!

潤いそうですね〜!

セラムはミストタイプなので、
直接触るのはちょっと、、というときや
出先でちょっと匂う?みたいなときも
気軽にシュッとできそうです。

最近は、
気持ち的に
メイク!という感じは
まったくと言っていいほどなく、
健康、とか内面のケア、とか
清潔感。みたいなことの
優先順位が上がっています。

どうせ終日マスクだし…!
と開き直ってはだめなのでしょうけど。
日々ギリギリの体力勝負なので、
倒れないこと。健康でいることが
今は大事かなぁと思っています。

**********************

最近の子どもたちは、
おにぎりを公園で食べるという
プチピクニックにハマり中。

習い事に行く前、
おにぎり片手に
公園でランチタイム。

これだけでも
いいリフレッシュになるようです。

娘はバレエレッスンの前に
おにぎりタイム。
手に持っているのは
唐揚げですが!

息子はハーブ塩のおにぎりが好物。
7歳児がハーブ塩って…!

おにぎり係は夫です。
我が家は料理を作るのが好きな
夫がほぼ毎日毎食
料理をしてくれていて
本当に助かっています。

私が作るのは、
夫が出張でいないときと
おやつ(簡単なもの)、
イベント時のケーキだけ。

ついこの間は
夫が久しぶりに5日間も
出張に出てしまい
死にそうになりました。。

以前はもっと、自分だけで
かなりの家事をやっていましたが
少しずつ手放し、
しれっと担当替えを繰り返し
ずいぶんラクになりました。

夫がやってくれない
夫は家にいなくて任せられない
で終わっていたら
何も変わりません。

我が家は
朝食を作ってもらう

休日の夕食を作ってもらう

休日のランチを作ってもらう

「料理、私はあんまり得意じゃないから
平日もやってほしいな〜」
と繰り返し繰り返し洗脳する

平日、早く帰れた時だけ夕食を作ってもらう

平日の夕食をほぼ毎日作ってもらう

という流れで
少しずつ増え、
今のスタイルに。

平日、帰宅が遅くなりそうなときは
前日や朝に仕込みをしたりして
考えるようにまでなっています。
もちろんおにぎりや
子どものお弁当(必要な場合)も夫。

今では買い物もすべて夫が担当。
作る人が買い出しする方が
効率がいいからです。

今回は健康からおにぎり、
家事分担の話と
かなり幅広い話題となりました。

次回はそろそろ要対策!の
のどケアについて
お届けしようかなぁと思っています。

それではまた。

ARCHIVE

MORE ARCHIVE
TOP