Cart

MAMA & PAPA
DIARIES
いろんなママたちの子育て日記

世の中にはいろんなママやパパがいます。料理が得意なママ、都会でバリバリ働くママ、お子さんがたくさんいるママ...
環境が違ってもみんな同じママ。そんないろんなママたちの日常をちょっぴり覗き見してみませんか?クスッと笑えたり、
何かヒントになるコトがあるかも?!

Shiho

Shihoさん 海外在住ママ

3年前主人の仕事の関係で、妊娠5ヶ月の中、1歳10ヶ月の長女を連れて渡仏。フランス語は0からスタート。海外での出産を経験し、現在5歳と2歳の姉妹ママ。パリの楽しみ方や海外子育ての様子をお届けできたらと思います。

MORE
Bonjour!

Enchanté,初めまして!Shihoです。

3年前の夏に主人の仕事の関係で渡仏し、現在5歳と2歳の女の子のママです。

パリに来た頃は、友達0、フランス語も全くわからず、長女は1歳10ヶ月で次女はお腹の中という状況で、主人は出張が多くワンオペの日々。

色々なことがあった3年間ですが、パリでの出産を期にお友達も増え、パリ生活あるあるにも慣れ、現在は楽しく暮らしています。

暮らす前にもパリは大好きで4回ほど旅行に来たことがありますが、旅行と住むのでは全く別物!

大変なこともありましたが、フランスはとっても子育てがしやすいのです。

現在長女は現地の幼稚園、école maternelle に通っています。もう3年目で日本で言う年長さんのgrande section です。

フランスは幼稚園から義務教育がスタートします。支払うのは給食費のみです。その給食費も10段階に分かれていて、年収別で支払う金額が異なります。

そして驚くのはきっと時間の長さ。

月曜と木曜日は8:35-16:20まで。

火曜日と金曜日は8:35-14:50まで。

水曜日は11:35までですが、お昼を食べてお迎えにすると13:20まで。

担任の先生1人にサブの先生が1人で1クラス30人くらいを見ています。小学生みたいですよね。授業も教科書やマニュアルがないので、先生によって様々!個性が尊重される国ならではです。

火曜と金曜はles centre de loisirs といって担任の先生ではなく、日本で言う学童のようなものが16:20まで無料で試せます。

共働きが主なフランス家庭は18:30までこのles centre de loisirsを使用するか、Nounouさんつまりベビーシッターを雇っている方がほとんどです。

なぜなら、ヴァカンス大好きなこの国は、2ヶ月に1回2週間のヴァカンスがあるのです!

そう、もう今週終わるとvacances de la Toussaint!秋休みが始まります。

そして日本のように全くと言っていいほど行事がありません。先生にもよりますが、クリスマス前と年度末に歌やダンスの発表会があるくらいです。

日々の生活はほとんど見ることができません。けれど学校の入り口に時折作品が飾られていて少しだけ垣間見ることができます。

日本語もフランス語も遅れ気味な長女ですが、きちんと同じように作品が出来ていると安心する母であります。

言葉はなかなか話せずとも、お友達に恵まれて楽しく通っている姿はとても逞しいのです。

これはつい先日初めて自転車にトライしてその日に乗れた長女。バランスバイクの効果を実感!

このような形で私と娘たちの日々の生活や気軽に海外旅行ができない今だからこそのパリの観光など、綴っていけたらなと思います。

これからよろしくお願いします。

TOP