Cart

MAMA & PAPA
DIARIES
いろんなママたちの子育て日記

世の中にはいろんなママやパパがいます。料理が得意なママ、都会でバリバリ働くママ、お子さんがたくさんいるママ...
環境が違ってもみんな同じママ。そんないろんなママたちの日常をちょっぴり覗き見してみませんか?クスッと笑えたり、
何かヒントになるコトがあるかも?!

Shiho

Shihoさん 海外在住ママ

3年前主人の仕事の関係で、妊娠5ヶ月の中、1歳10ヶ月の長女を連れて渡仏。フランス語は0からスタート。海外での出産を経験し、現在5歳と2歳の姉妹ママ。パリの楽しみ方や海外子育ての様子をお届けできたらと思います。

MORE
世界遺産 Château de Fontainebleau

Bonjour!

ヴァカンスが始まりました。はい、本当にフランスはヴァカンスが多いです。つい先日ヴァカンスだった気がしますが…

というわけで、パリから1時間半ほどで行ける、世界遺産フォンテーヌブロー宮殿 Château de Fontainebleauに娘たちと行ってきました。

こちらもNavigo(定期券内)で行けちゃうので、交通費が別途かからず小旅行のスタートです。

到着早々、すごい雨雲が迫ってきたので、急いで中に入ります。

反対側はいいお天気なのに、ちょっと変なお天気ですね。

フランス、ルネッサンスの傑作と言われ、世界遺産に登録されているフォンテーヌブロー宮殿は、12世紀から19世紀にかけて歴代のフランス国王が過ごしたパリ近郊の三大宮殿の1つです。

まず最初に目にするのが、Napoléon Bonaparte ナポレオン1世の肖像画です。

そして隣には、ナポレオンの最初の妻、ジョゼフィーヌ・ド・ボアルネ Joséphine de Beauharnaisの肖像画もありました。

写真のない時代ならではの、肖像画の家系図です。

彫刻は絵と雰囲気が違うような気がしますが、きっとそっくりなんでしょうね。

壁紙や椅子が可愛らしい部屋から

柄や色使いもシックでゴージャスな部屋まで、どの部屋も豪華絢爛でした。

ここは、数々の女王たちが使用したとされる寝室で、右側のベッドは革命前にマリーアントワネットがオーダーし、一度も使われることがなかったとか。

フランスに王政が合った時代にのみ使われた王位の部屋では、ナポレオンがここに座っていたのが想像できるような気がしますね。

フランソワ1世のギャラリーは、かつてモナリザも展示してあったそうです。

ディアナの回廊には、1万6千冊もの本が並びます。

フランス革命時は牢獄にも使われていた場所、全長80mもあるとても長い部屋です。

ルイ9世によって建てられた「三位一体礼拝堂」は、のちにルネッサンス様式に改修され、ルイ5世の結婚式やナポレオン3世の洗礼式と結婚式が行われた礼拝堂です。

上から見ると天井の壁画がよく見えます

舞踏会の広間で踊る次女。

華麗なる宮廷文化を垣間見ることができる、素敵なお城でした。

130ヘクタールもある広大なフォンテーヌブロー庭園。

実は今回は電車の乗り場がなかなかわからず、駅でお昼を食べてからパリを出たので、もうこの頃には夕方。

庭園は次回のお楽しみに、また来ようと思います。

ARCHIVE

MORE ARCHIVE
TOP