Cart

MAMA & PAPA
DIARIES
いろんなママたちの子育て日記

世の中にはいろんなママやパパがいます。料理が得意なママ、都会でバリバリ働くママ、お子さんがたくさんいるママ...
環境が違ってもみんな同じママ。そんないろんなママたちの日常をちょっぴり覗き見してみませんか?クスッと笑えたり、
何かヒントになるコトがあるかも?!

金内朋子

金内朋子さん 整理収納コンサルタント

千葉県在住 片付けのプロとして、個人宅の整理収納サービス、講座セミナー、メディア出演など片付けられない人に向け様々な形でサポート・情報発信している。 3男1女、4人の子どもと夫の6人家族。3LDKマンション暮らし。 著書・『散らかしやさんが片付けたくなる部屋のつくり方』ワニブックス

MORE
空間泥棒【空箱】収納していませんか?

 

空箱収納は誰のため?

自分たちのために暮らそう。

 

整理収納コンサルタント 金内朋子です。

 

お客さま宅での整理収納作業時、靴やおもちゃ、家電の「空箱」がクローゼットや押し入れの中から大量に出現することがよくあります。

 

 

それらは伺うと

「リサイクルに出す時に使うため」

「人に譲る時に使うため」など、

主に人に譲ることを目的に置いてあることもしばしば。

他にも例えば

収納の中に空箱が多くあり、収納の外にはさまざまなものが床などに溢れている。

おもちゃなどリサイクルに出す時に「箱が必要かもしれない」と思う。

といったことはないでしょうか?

 

 

我が家の話で恐縮ですが

一年ほど前にデスクトップPCをリサイクルに出しました。

業者が自宅に引き取りに手配をしてくれるのですが

それまでこちらでPCを段ボールで梱包しておかなくてはいけません。

もともとあった段ボールは、すでに処分していたので

ネットでサイズに合った段ボールを購入して間に合わせました。

やはり「購入時の段ボールは取っておく必要はない」と思ったのです。

 

 

それまではPCだけでなく他の家電の箱を取っておきたい主人と早くも捨てたい私の意見が対立したこともありましたが

・必要な時に代替え品なり手に入れる方法

・スペースに合わせた量を調整

・期限を決めてそれ以降は手放す方法

 

試行錯誤しています。

 

 

捨てるだけが片付けではありません。

決まったスペースに、期限を決めて、管理する。

 

新品同様のおもちゃを箱に入れて少しでも高く売りたい。

故障の際の返品用に取っておきたい。

それでもいいと思います。

箱を畳んで置いておくのもいいでしょう。

 

 

ただ空箱がないことで生まれるメリット。大きいです。

床に置かれている物たちがクローゼット押入れに入るかもしれません。

 

空き箱は「空間泥棒」です。

 

せっかくのスペースを空箱に使うのはなんとなく勿体無い。

 

先日、お客さま宅のクローゼット4分の1ほどの空箱をお客さまとの相談の上、処分しました。

空いた空間には床に置かれていた、衣類ほか、アルバムや思い出のものも収納できました。

 

冒頭でもお伝えしましたように

人に譲る返すこと目的でクローゼットの空間を使うよりも、本来のクローゼットに入れたいご家族ご自身のためにお使いになったほうが有意義です。

 

ぜひ、勇気を持って、、扉を開けてみてはいかがでしょうか。

 

TOP