Cart

MAMA & PAPA
DIARIES
いろんなママたちの子育て日記

世の中にはいろんなママやパパがいます。料理が得意なママ、都会でバリバリ働くママ、お子さんがたくさんいるママ...
環境が違ってもみんな同じママ。そんないろんなママたちの日常をちょっぴり覗き見してみませんか?クスッと笑えたり、
何かヒントになるコトがあるかも?!

星野奈々子

星野奈々子さん 料理家

ITエンジニアとして働きながら料理の勉強を始め、退社後にフードコーディネーターとして独立。現在は書籍、雑誌、企業のレシピ開発を中心に活動。「はじめての台湾料理」(PARCO出版)など著書多数。8歳の息子を持つママ。

MORE
母の日のプレゼント

こんにちは。

料理家の星野奈々子です。

5月の第2日曜は母の日でしたね。まだ自分が母というよりも、私や夫の母のために何かを贈る、という意識の方が強い気がします。今年はちょうどお菓子研究家さんがクッキー缶を発売されていたので、予約して購入したものが母の日の時期に届き、まるで母の日のプレゼントをもらったような気分になりました。

以前もコラム内でご紹介した”ナンバーケーキ”という本の著者でもある加藤里名さんが作られたクッキー缶です。本来はデパートの催事のために計画されていたそうですが、外出自粛でイベントが中止になってしまったため、オンライン販売することになったそうです。

自分でもクッキーを作ることはあるものの、一つ一つ材料にこだわり、丁寧に焼き上げられたクッキーは本当に美味しくて、家族で大事に少しずつ頂きました。

 

そして、母の日の2~3日前に、息子から「母の日何が欲しい?」と。

すっかり忘れていたので、すぐには思いつかず。毎年聞かれたらお花やケーキなどの食べるものを買ってきたもらったりしていたのですが、今年は買い物に行くことも難しいので、メッセージカードをリクエストしました。

すると、わかった!とパソコンに向かうこと数十分。画用紙や折り紙で作ってくれると思っていたのですが、今はまっているScratch(スクラッチ)というプログラミングソフトでメッセージカードを作ってくれました。

起動するとまず「母の日おめでとう!」というメッセージが表示され、

プレゼントの絵をクリックすると、ジュエルという宝石が表示され、さらにそれをクリックするとメッセージが表示される、という仕組みです。

シンプルなアプリですが、一生懸命作ってくれて嬉しかったです。プレゼントを買いに行けない分、ものではないプレゼントのありがたみを感じました。

*******************

こちらはある日のワンプレートランチ。残り物の春巻きをトースターで温め、冷蔵庫にちょこちょこ残っていた食材と温めた冷凍ご飯をワンプレートにのせました。このとき作ったのは卵焼きくらい。

昼ごはんを作る機会が多いと、麺類や丼ものになりがちですが、レパートリーも少なくなってきた頃かと思います。

夜ご飯で余ったものを少しずつ冷凍したり冷蔵したりして保存しておくと、1日分のランチがすぐできるし、冷蔵庫整理にもなるので1週間に1度程度はワンプレートランチがおすすめです!

今回はそんなワンプレートランチにのせた、中華春巻きのレシピをご紹介します。

たくさん作って冷蔵や冷凍保存しておくと、昼ごはんにも使えてとても便利です。難しくはないのですが、具材を炒めて一度冷ましてから包むので少し時間に余裕があるときにおすすめです。冷凍庫にあるものでつくりましたが、もちろん定番のたけのこやしいたけで作ってもOKです。


材料(20個分)
豚こま切れ肉 100g
にんじん 1/2本
ピーマン 2個
まいたけ 100g
青ねぎ 30g
春雨 40g
A 水 300ml
A しょうゆ 大さじ2
A 酒 大さじ1
A 砂糖 大さじ1
水溶き片栗粉(片栗粉大さじ1+水大さじ1)
ごま油 大さじ1
春巻きの皮 20枚
米油 適量

作り方
1.にんじんは千切りにする。ピーマンは種とヘタを取り、細切りにする。まいたけは食べやすい大きさにほぐす。青ねぎは小口切りにする。

2. フライパンにごま油を熱し、豚肉と1を入れて肉の色が変わるまで中火で炒める。

3. 春雨とAを加えて混ぜながら3~4分炒め煮にし、調理ばさみで春雨を切る。水溶き片栗粉を加えて混ぜ、とろみがついたら火を止めてバットなどに移して冷ます。

4. 春巻きの皮に3.を適量のせて包む。中央より手前に具材を長方形にのせ、左右を折りたたんでから手前からくるくる巻きます。

5.フライパンに5mm程度の米油を入れ、中火にかける。温まらないうちに4.を入れて両面に焼き色がつくまで揚げる。


・春雨ははさみで切ってから入れても良いですが、ある程度やわらかくなってから切った方が切りやすいです。3cm程度の長さになるようにざくざくと切ってください。

・具材は20本分ですが、1個の具材の分量が23g程度と少なめなので、小さめの春巻きになります。好みでもっと多めに入れても大丈夫です。

・少なめの油で揚げ焼きに近いです。家庭ではこのくらいで十分です。両面を焼いて側面が白かったら立てるように並べてさらに焼きますが、多少焼きムラがあっても問題ありません。焼き上がる頃には油は吸われて少なくなっているので、冷めたらペーパータオルに吸わせて捨てます。

・20個分と多めなので、全て揚げてからペーパータオルを敷いた保存容器などに入れておくと2〜3日くらいは冷蔵庫で保存可能です。食べる時はトースターなどで焼き直してください。
巻いた状態で冷凍すると1ヵ月程度保存可能です。冷蔵庫で自然解凍してから揚げてください。

良かったらぜひ作ってみてください!

ARCHIVE

MORE ARCHIVE
TOP